『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 20日

『福岡堰&岡堰/水事情視察』

昨日、夕暮れポタから帰着後、「明日は福岡堰へ水の様子を見に行って参る」と kazusayomeに伝える。
「お百姓さんのようですね」、「そうとも言える。春先から夏に掛けては、水を満々と湛えている。冬は水を抜き、冬枯れの風景。稲刈りが終わった今頃の様子は見たことがなく、ちと、行って参る」。

今朝、6時過ぎ、屋敷を出発。
新大利根橋、守谷を経由して、小貝川へ。

小貝川に架かる稲豊橋から上流方向を眺める。
日は差しておらず、霧で煙っている。
a0104495_13575581.jpg

西洋ススキ。
金色の穂が「九尾狐」を思い起こさせる。
a0104495_13581061.jpg

"TSUKUBA EXPRESS"の高架をくぐる。
a0104495_13582580.jpg

霧で煙る田園地帯を走る"TSUKUBA EXPRESS"。
a0104495_13584040.jpg

沈下橋「小目沼橋」。
霧で煙って、うっすらと。
a0104495_135859100.jpg

「おはよーございまーす」と、後ろから声を掛けて追い越して行った ロードレーサーの御仁。
背中の「梅丹本舗」のデザインが鮮やか!(写真では見えませんが...)
a0104495_13592115.jpg
挨拶をしないのはロードレーサーに多いというのが通説のようだが、小貝川CRでは、対向車は勿論のこと、後ろから「追い越しますーっ」の代わりに「おはよーござます」の声を多く聞く。
天気はイマイチながら、気分は爽やか。

福岡堰。
おっ、水量は随分と減っているな!
a0104495_135941100.jpg

借景の筑波山が見えない!そういうときもある!
a0104495_1401362.jpg

還暦創輪号も一緒に撮ってやろう。
a0104495_140284.jpg

福岡堰から折り返す。
往路は左岸を走ったので、復路は右岸を走る。

往路、煙っていた沈下橋「小目沼橋」で遊ぶ。
a0104495_140533.jpg

右岸から...
a0104495_1411191.jpg

左岸へ...。
a0104495_1413357.jpg

左岸に渡ったところで、橋の下に降りて、橋桁の風景などを撮ろうと思うも、スズメバチがわんわんと飛び回っており、土手のサイクリングロードに一目散。
a0104495_1415468.jpg

左岸CRを走り、稲豊橋まで戻る。
小貝川の上流方向を眺める。
霧は晴れたが、すっきりとしない天気だ。
a0104495_1444436.jpg

福岡堰の水事情視察だけと思っていたが、稲豊橋から少し下流の岡堰にも立ち寄ってみることにした。
間宮林蔵の生家を左手に、小貝川CRを走る。

岡堰。
a0104495_145158.jpg
岡堰も、福岡堰と同様、水量は随分に減っている。
福岡堰でも見た、一面に生えている緑の草は何という名なのだろうか。

岡堰/中ノ島公園に立ち寄る。
間宮林蔵さんと半年振りに会う。
一緒に"記念写真"を撮らせて貰う。
a0104495_1452715.jpg

稲豊橋まで戻り、守谷、新大利根橋を経由して、柏あけぼ山農業公園で一服。
一昨日の早朝ポタでは、午前9時前で、人っ子一人いなかった柏あけぼの山農業公園の芝生広場も、今朝は午前10時を少し回った頃、既に家族連れで賑わっていた。
a0104495_1418315.jpg

6時10分出発、10時40分帰着、走行距離61kmの朝ポタであった。

フォト:2010年9月20日
[PR]

by kazusanokami | 2010-09-20 15:26 | 小貝川ポタ | Comments(2)
Commented by ogyunokami at 2010-09-20 18:15 x
還暦創輪号の足は、どこまでも走って行きそうですね。 ご領地の“水を見に行く”、これは領主の重要な仕事かと。 暑さ、寒さも彼岸まで!
彼岸がすぎれば涼しくなり、湿度も低下して、走りには良い条件となろうかと。 水の様子見ご苦労様にござりました。
Commented by kazusanokami at 2010-09-20 18:53
大給殿 
昨年の師走は赤茶けた冬枯れ模様。
今年3月下旬の貴候との巡察では、水は満々と。
福岡堰、岡堰の巡察を終え、最下流の豊田堰と河口まで走ってみようかと思うも、何事もほどほどにということにて、岡堰から帰館。
岡堰から下流方面の秋の巡察は、何れ、行いたく...。


<< 『ハリポタ藩 秋の遠征2009...      『ハリポタ藩 秋の遠征2009... >>