『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 22日

『鎌倉、春のポタリング/披露山公園からの眺望』 sk-7

新機軸!「披露山公園」。
昨年末、こんなことがあった。
盟友 信濃守殿から写真添付で「披露山からの眺めです」との電子飛脚便が遣わされた。
写真は江ノ島を遠望する風景であった。
馴染みのない名でである「披露山」をヤッホー!マップで調べてみた。
何と、いつも昼餉御用達の逗子・小坪漁港「ゆうき食堂」の直ぐ近くではないか!
更に、ヤッホー!マップを眺めていると、披露山公園の西の海に近いところに、「大崎公園」なるものもある。
鎌倉ポタリング(正確には鎌倉+逗子ポタリング)の新機軸として「披露山公園」と「大崎公園」を加えたのであった。

ゆうき食堂で昼餉を摂ったあと、披露山公園へと向った。
地図を見ると小坪漁港からの秘密の近道(???)があると思えたが、オーソドックスに地図にある「披露山公園入口」を目指した。
「披露山公園入口」からは上り坂だ。
「披露山」と山がつく限り、上り坂であることは予測はしていたが、結構、きつい上り坂だ。
はっきり言って、激坂だ。
自ら選んだ立ち寄り先だ。
諦める訳にはいかない。
途中から<押し>で頂上を目指す。
<押し>は昨年秋のしまなみ海道で村上水軍の居城、能島を眺望出来るカレイ山展望台以来、得意のパターンとなっている。

ようやく到着!
a0104495_1219465.jpg
案内板に目を通す。
------------------------
披露山は逗子市の西側に位置する高さ100mほどの台地です。
ここからは、東に逗子湾、北西には相模湾に浮かぶ江ノ島、背後に富士山や伊豆箱根連山、南には伊豆大島を望む素晴らしい景勝地となっています。
披露(ヒロ)の名は「ひらきあらわず」という、めでたいこと、良いことを公表する意味があり、鎌倉時代、将軍に献上物を披露した所、あるいは、献上の品物を披露する役人が住んでいた所ともいわれています。
披露山公園は昭和33年(1958年)6月7日に開園しました。
敷地面積5.8ha、公園の広場は第二次世界大戦時に海軍の高射砲陣地があったところで、三つの高射砲砲座(直径12m)と監視所の地下室が残されていました。
これらを利用して、砲座を展望台と円型花壇および猿舎に、監視所跡にはレストハウス等を設けていまs。
駐車場内には、終生、逗子で過ごした「憲政の神様」と言われた政治家、尾崎行雄の記念碑があり、「人生の本舞台は常に将来にあり」と刻まれています。
------------------------
高射砲砲座跡に建てられた展望台。
a0104495_1222445.jpg
「展望台の内側に砲座の跡が残っていますね」。
「映画『ナバロンの要塞』を思い出しますね。ナバロンの要塞は二門の巨砲だけど」。
どうしても頭は映画のことに向いてしまう。

展望台に上る。
入口に「標高約92.5m」の表示がある。
a0104495_12254347.jpg
「確か、ゆうき食堂の辺りは海抜3メートルくらいやったですねえ」。
「激坂であったことがよく分かりますねえ。一気に90メートル近く上った訳ですから」。

展望台からの眺め。
久しぶりに『遠・中・近三段手法』にて。
a0104495_1231369.jpg
a0104495_12321730.jpg
a0104495_123352100.jpg
眼下は別荘地である披露山庭園住宅、その向こうは逗子マリーナとリゾート・マンション群。
広がる海は相模湾。
中央に江ノ島、その右手奥に富士山。
霞んでいて富士の姿は見えないが、心眼で何となく富士の稜線が見える。
右手の波だっている辺りは手前から稲村ガ崎、七里ケ浜、腰越。
更に、片瀬、鵠沼、辻堂海岸とつづく。
大磯あたりも見えているんじゃないかと思うくらいだ。
見事な景色だ。
ポタリングしたことのある海岸線をこうやって遠くから眺めるのもなかなか愉しいことだ。

上から失礼しまーす/ 「ドラポタ三人衆之図」。
a0104495_12582252.jpg
上から失礼しまーす/ 「披露山観桜図」。
a0104495_13126100.jpg
上から失礼しまーす/ 「億萬邸之図」。
a0104495_1341037.jpg
展望台を下り、逗子湾の眺望を。
a0104495_13114958.jpg
右手、後ほど訪ねる、大崎公園。
a0104495_13124745.jpg
左手、葉山マリーナ。
a0104495_13164627.jpg
舟あそび。
a0104495_13172932.jpg

相模湾の風景、逗子湾の風景、いいものを見せて貰った。
激坂を上って来た甲斐があった。
いいところを教えてくれた信濃守殿に感謝だ。

フォト:2014年4月5日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2014-04-22 17:26 | 湘南鎌倉ポタリング


<< 『鎌倉、春のポタリング/大崎公...      『鎌倉、春のポタリング/ゆうき... >>