『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 30日

『潮来笠第三番 ♪♪♪ここは関宿♪♪♪ ポタリング』(下)

利根川右岸CRを遡り、関宿に到着。
帰路は江戸川CRを走って帰館することに。
a0104495_11352048.jpg
関宿を出発した途端、強い向かい風。
江戸川CRではよくあるパターン。
走りながら、<向かい風ものともせずコース>と<向い風途中ギブアップ軟弱コース>のふたつが頭を過ぎる。
向い風ものともせずコースから順に列挙すると;
コースその1:新葛飾橋(国道6号、水戸街道)まで走り、JR金町駅から輪行
コースその2:樋野口まで走り、JR松戸駅から輪行
コースその3:利根運河合流地点まで走り、利根運河CR経由、利根川右岸CR、全行程自走
コースその4:利根運河合流地点まで走り、利根運河CR経由、東武野田線運河駅から輪行
コースその5:東武野田線江戸川橋梁まで走り、東武野田線川間駅から輪行

走りながら、あの辺りが往路走った利根川右岸や、と分かる目印が目に入った。
a0104495_1153362.jpg
往路、利根川の河川敷でネットをぐるぐる巻きにされた鉄塔を目にした。
塗装工事をやっているのであった。
江戸川CRを走りながら、このネットを巻いた鉄塔が見えたのであった。
アップで。
a0104495_11575642.jpg
ネットを巻いていなかったら、タダの鉄塔で目印にはならなかったであろう。
利根川と江戸川を繋ぐ利根運河CRを走ったことは幾度もあるので、江戸川と利根川の間の距離がおおよそどれ位かは分かっているが、こうして江戸川の土手から眺めるとその距離が実感できる。

江戸川から利根川方向に並ぶ鉄塔。
四本目のネットを巻いた鉄塔の辺りが利根川河川敷である。
a0104495_1213838.jpg
映画「鉄塔 武蔵野線」(銀林みのる原作、1997年公開)は名作だったなあと思いながら、鉄塔を眺める。
「鉄塔 武蔵野線」は小学生の少年が送電線の鉄塔を探訪しながらその源流を辿っていく物語。
主人公の少年を演じているのは子役時代の伊藤淳史。
名演である。

「白一点」を眺める。
a0104495_12111019.jpg
最近、川沿いのサイクリングロードで、このような幅広の舗装路をしばしば見掛ける。
東日本大震災後の修復あるいは震災対策の改修なのであろう。
a0104495_12163457.jpg
広~い視界。
こういう風景が好きだ。
a0104495_12184340.jpg
関宿滑空場。
(手前の舗装路は一般道で、滑走路ではありません。滑走路は反対側の河川敷です)
a0104495_12235657.jpg
a0104495_12241850.jpg
往路、利根川の河川敷では模型飛行機の「ヒコちゃん」を見た。
こちらはホンモノの「ヒコちゃん」。
利根川河川敷も江戸川河川敷も「ヒコちゃん」のメッカである。

東武野田線江戸川橋梁。
a0104495_122712100.jpg
相変わらず、向かい風で、ジュディ・オング状態。
鉄橋を見て、即、軟弱コースに傾く。
江戸川左岸CRから外れ、東武野田線川間駅から輪行にて帰館。

利根川コースでの関宿へのアプローチが叶ったことで、橋幸夫が唄う「潮来笠」の三番が成立。
♪♪♪
旅空夜空で いまさら知った
女の胸の 底の底
ここは関宿 大利根川へ
人にかくして 流す花
だってヨー あの娘川下潮来笠
♪♪♪

このポタリングで、三橋美智也や橋幸夫が登場した。
若い頃、歌謡曲には全く興味はなく、もっぱら、洋楽(当時は「洋楽」と言っていた)であった。
しかし、齢を重ね、場面、場面で頭に浮かぶ歌は、やっぱり、歌謡曲なのである。
そんなことで、『潮来笠第三番 ♪♪♪ここは関宿♪♪♪ ポタリング』と題して綴った次第である。
因みに、橋幸夫のデビュー曲「潮来笠」は、昭和35年(1960年)の大ヒット曲。
小生、12歳のときである。

今回の話題は利根川と江戸川の分岐点である関宿なので、最初、『利根川東遷ポタシング』と題して綴ってみようと思ったが、お堅いものより柔らかいものの方がよりと思い、「潮来笠」に因んだ標題とした。
ということではあるが、利根川東遷も捨て難いので、最後に駄句を一句。

大利根や 東遷の跡 走り抜け  霹靂火/江戸時代の土木技術は大したものです。

フォト:2014年5月24日

(完)
[PR]

by kazusanokami | 2014-05-30 06:17 | 坂東太郎下流の旅 | Comments(0)


<< 『利根川・手賀沼大周回路ポタリング』      『潮来笠第三番 ♪♪♪ここは関... >>