2014年 06月 25日

『二代目上総守襲名御披露』

長らく、マイ・ブログ『上総守が行く!』をご愛顧を賜って参りましたが、新たに二代目を開設し、掲載を続けることと致しました。

二代目のブログ名およびURLは次の通りです。
ブログ名:「上総守が行く!(二代目)」
URL:http://kazusankm2.exblog.jp/

二代目は、こちらをポチッ!
「上総守が行く!(二代目)」

思い起せば、初代『上総守が行く!』を2007年の夏に開設以来、数多の記事を掲載して参りましたが、エキサイトブログのアクセス解析をみますと約7年間で80,000回超(PCのみ)もの訪問をいただいております。
昔も今も、絶えず、訪問のある記事としましては、例えば、「ジョサイア・コンドルゆかりの地を訪ねて」の第14話「護国寺墓所」(2009年8月12日付)や「ドラポタ藩/印旛沼"野点"ポタ」の第3話「白藤養魚」(2010年11月29日付)があります。
白藤養魚さんには、この翌年も鰻の白焼きを買いに行っており、その際、「白藤養魚のことをブログに載せてくださっている方ですか」と声を掛けられたことが思い出されます。
「伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて」の第18話「岡堰」では、或る方からこのブログを見て親御さんがどのような仕事をしていたかを知ることが出来て有難かったとの書き込みを頂戴したことがあります。
ブログには思いも寄らぬ<効用>があるんだと認識したこともありました。
ブログの<効用>と言えば、数年前、久方ぶりに会った先輩から「上総くん、自転車とブログという、いい趣味を見つけたね。自分は足腰が弱り、旅に行けないけれど、君のブログで旅をしているんだよ」との言葉を頂戴したこともありました。
ブログを続けることが出来ているのは、この先輩の言葉に拠るところ、大であります。
旅と言えば、ホテル・旅行の口コミサイト「トリップアドバイザー」から同サイトに「八重山諸島ポタ」の第70話「小浜島を巡る/シュガーロード」(2010年7月21日付)を掲載させて欲しいとのリクエストがあり、掲載されたこともありました。

初代『上総守が行く!』をご愛顧賜りましたこと、心より御礼申し上げます。
『上総守が行く!』は二代目が襲名することと相成りますが、初代の『上総守が行く!』も閉じることなく、オープンし続けますので、初代、二代目とも今後もご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

2014年6月30日
[PR]

by kazusanokami | 2014-06-25 21:41 | Comments(8)
Commented by 南国守 at 2014-06-26 16:18 x
継続は力なりとはよく言ったもので、2007年からよく続きましたよね、
筆まめな上総守だから、、、それに挿入されている写真も大分腕をあげて、、、本にしたら、何冊分かに相当するのでは、、、
吉田タクロウ風にいえば”今日まで書いてみました””そしてあしたからも書いていきます”、、、、第二弾を楽しみにしていまするぞ!
南国
Commented by kazusanokami at 2014-06-26 19:43
南国守殿
書き込み、忝く存じ候。 
継続は力なり。
よき言葉に御座りまする。
表ファン(書き込みをして下さる方々)や隠れファン(電話、電子飛脚便などでのコメントを下さる方々)の応援あってのことと思い居りまする。
jitensha + 写真 +ブログの三点セットで益々遊びまするぞ。
そして、時折、文/南国守殿、写真/大給守殿、伊豆守殿 and/or 上総、歴史鑑定/武衛殿、編集/上総でのブログ、アップロードの構想も御座りまするぞ。
ポタは一粒で三度美味しい。
今後ともポタ”取材”のお付合い、宜しくお願い致しまするぞ。
♪ 今日までそして明日から ♪、吉田拓郎の歌声をYouTubeで聴きながら本信を綴り居る初代上総守
Commented by ogyunokami at 2014-06-26 19:55 x
道中奉行補佐として、時々登場させていただいている大給です。
毎朝、城内詰所、休日は屋敷電脳で拝見させていただくのを
楽しみにしております。
御家老はフォトとポタの師匠であります。これからも懲りずに
携帯、コンデジ、勝負カメラでのフォトの講評をお願い申し上げます。
 一年前の梅酒でほろ酔いとなった大給
Commented by izu at 2014-06-27 00:39 x
”ポタは一粒で3度おいしい!”
「上総守が行く」歩録はまさにそれを地できてますね。
ドラポタ藩の総監督として上総殿が綴る本歩録はまさに、ネットのポタ手引きとしてはもちろん、広汎な事象の情報源としてこれからも、折々にその輝きを取り戻し、鮮度や志しが長く活きてゆくものと信じます。
ポタ仲間として一緒に参加できたことに感謝し、今後共新編「上総守が行く〈パートⅡ〉」での情報収集・執筆に参加できることを願っております。
”Sir Kazusanokami, Merci beaucoup!”

伊豆
Commented by kazusanokami at 2014-06-27 00:46
大給守殿 
書き込み、忝く候
ポタ道中記に彩を添える「写真提供:大給守殿」、忝く候
この写真のお陰で変化を持たせたブログを綴ることが出来申し候
携帯電脳電子飛脚便活用による参勤交代国許便りも面白い構成と相成り候
中でも「鷹の爪成長記」は震災を切っ掛けとしたものであり、特記すべきものと存じ候
写真は、講評よりも、撮りて愉しみ、見て愉しみ、ブログにアップしてこれまた愉しということで御座る故に、どんどん、ばんばん、撮りて愉しみませうぞ。

マイ・ブログ 七年ものの 古酒となり  霹靂火
Commented by kazusanokami at 2014-06-27 01:07
伊豆守殿 
書き込み、忝く候
アーモンドグリコは一粒で二度美味しい、ポタは一粒で三度美味しい、ポタ企画で一度目の、ポタ挙行で二度目の、そして、ポタ後のブログで三度目の美味しさを味わうのであり申し候
皆々さまと一緒に味わうとより一層美味さが増すことと相成り候
トタマの中の引き出しを開け回り、はたまた、電脳網で検索し回り、コピペも駆使しての薀蓄含蓄雑学博学(薄学やろね)字面ダラダラ写真ペタペタの自己満足ながら、珠には人の役にも立つときも、に御座りまする。
これからも一粒で三度愉しみませうぞ。

上総とて 江崎と共に 齢かさね  霹靂火
Commented by imba_potter at 2014-07-03 22:39 x
2007年からの継続お疲れ様でした。取敢えず一区切りで、又再出発ですね。期間もそうですが、殆ど欠かさず更新される継続力にも頭が下がります。当方は最近は気が向けば・・・程度の更新になってしまってます。これからも貴重な記録をドンドン更新されるのを楽しみにさせて頂いています。Go Go Kazusanokami!
Commented by kazusanokami at 2014-07-04 09:56
印旛歩駄守殿 
有難うございます。
二、三度、気力が萎え、一、二週間ほど休載したこともありましたが、ほぼ継続。
jitensha で走る、走るから写真を撮る、写真を撮るからブログに掲載するの相乗効果でありませう。
更に、ブログ・ネタが欲しいからポタリングするという相乗効果もあるでせう。
そして、"綴り方教室"も好きなのでありませう。
jitensha +カメラ+ブログの三点セットに感謝です。
今後とも、二代目上総と兄弟分の龍人鳥をよろしくお願いします。


     『鎌倉紫陽花めぐり&鯵祭』 >>