『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:名所旧跡( 6 )


2013年 12月 31日

『高野山/ゆく年くる年』

11月下旬、高野山を訪ねた。
12月下旬、ハリポタ藩軍師六々守殿より「2月1日(土)高野山オトナの遠足。厳冬の雪の高野山を歩いてみたいと思います。詳細は後日ご連絡します。出欠をご連絡ください」とのハリポタ企画の案内があった。
11月下旬に高野山を訪ねた際は、時間の都合上、奥の院御廟と15m先に弘法大師が御座らっしゃるという燈納堂地下拝所を駆け足で参拝しただけであったので、今一度、高野山を訪ねたいと思っていた。
ハリポタ企画で、2月に高野山を訪ねた際には、少なくとも次の三つを全うしたいと思っている。
(1)大門からゆるりと東へ歩み、金剛峯寺をはじめ、通りの両側に並ぶ寺々を訪ねてみたい。
(2)注連縄の代わりの白い紙の、切り絵の干支を見てみたい。
(3)一の橋から奥の院への参道に並ぶ武将の供養塔、殊に、「赤穂浪士討入凱旋の旅」<番外編>として浅野内匠頭供養塔を訪ねてみたい。

11月下旬の高野山。
前日に降った雪がうっすらと残っていた。
a0104495_212543.jpg
注連縄の代わりの白い紙。
a0104495_1552928.jpg
高野山では米が取れない。
米が取れないので、藁がない。
藁がないので、注連縄が作れない。
注連縄の代わりに白い紙を貼っている。
白い紙は一枚だけ貼られているところもあるし、写真のように、白い紙が三枚貼られているところもある。
右から、「寿」、「宝珠」、「干支/巳」となっている。
左端の白い紙の、「干支/巳」をアップで。
a0104495_214965.jpg
来年はこの白い紙が「干支/午」となっていることであろう。

奥の院参道ガイドマップ。
a0104495_223548.jpg
武田信玄供養塔、上杉謙信霊屋、豊臣家供養塔、織田信長供養塔をはじめ名立たる武将らの供養塔が並んでいる。
「浅野内匠頭供養塔」は、参道を東へ歩み、御廟橋手前の南にさがった辺りに。
a0104495_225751.jpg
高野山については予習済みだ。
2月の、雪の高野山が楽しみだ。

フォト:2013年11月30日
[PR]

by kazusanokami | 2013-12-31 23:45 | 名所旧跡 | Comments(0)
2010年 09月 03日

『旧伊豫土佐街道/牛屋口』

伊豫土佐街道は、讃岐国/三豊付近を経由して伊豫国と土佐国をつなぐ街道。
海上安全の神として知られる金刀比羅宮から程遠くないところに、旧伊豫土佐街道の牛屋口(うしやぐち)がある。
a0104495_626914.jpg

この辺りは、幕府の重臣や藩主の代参で金刀比羅宮を参詣する使者が通っていたので、「御使者口」と言われていたが、それが訛って「牛屋口」という地名になったという。

牛屋口は、伊豫土佐街道を通って金刀比羅宮へ参詣する人たちで賑わったそうだ。
a0104495_6264050.jpg


幕末の志士、坂本龍馬もこの道を歩いたともいわれている。
a0104495_627545.jpg


フォト:2010年5月5日
[PR]

by kazusanokami | 2010-09-03 06:28 | 名所旧跡 | Comments(0)
2008年 02月 13日

『八重洲/やん・よーすてん、Part II 』

御同輩、呑々守殿の「或る書物を探すなら、江戸府内、『やん・よーすてん本中心』が宜しかろう」との御勧めにより、”八重洲ブックセンター”に参り候。

八重洲ブックセンターの前に、二宮金次郎さんの金色の像が...。
二宮金次郎さんには、金色は似合わない、何故、金色なんだ?金次郎さんだから、金色でもあるまいに、と心の中で思い候。

二宮金次郎さんと言えば、昨年11月の「しまなみ海道の旅」の際、お目に掛かり候。
しかし、其れは、ちと、寂しい形で...。

a0104495_14485835.jpg
a0104495_14492281.jpg

a0104495_14503447.jpg

a0104495_14424686.jpg

ところで、最近の小学校には、二宮金次郎像というものがあるのでしょうか。

フォト#1、#2、#3:2007年11月23日、しまなみ海道沿いの廃校にて。
フォト#4:2008年2月2日、八重洲にて。

(『八重洲/やん・よーすてん』、完)
[PR]

by kazusanokami | 2008-02-13 23:41 | 名所旧跡 | Comments(0)
2008年 02月 13日

『八重洲/やん・よーすてん』

或る日、御同輩呑々守殿より拙者宛てに、「使ってみたい武家の言葉」なる書物、御勧めの電子飛脚便が到来致し候。

「昨今、三浦安針が話題になっておるが、江戸にては、やん・よーすてん本中心が、いい鴨よ、上総殿」と、おタナの御推薦も有り申し候。

「昨今、三浦按針が話題となっておるが...」は、我が藩に仕官なされる、或る御仁を如何にお呼び致すそうか、三浦按針が候補の名と相成り候処の命名の儀に候。

「やん・よーすてん本中心...」は、書物の販売を商いと致し候処のおタナの名の”当て字”に候。

今回は、此れに因みての、歩録に候。

a0104495_10553283.jpg
a0104495_10561148.jpg


ヤン・ヨーステン殿は阿蘭陀国の御仁にて、船長ウィリアム・アダムス殿と共に「フリーデ号」で極東を航海中に、九州臼杵湾に漂着。
時は、1600年(慶長5年)。
ウィリアム・アダムス殿と共に、徳川家康殿の信任を得、江戸に居住。
我々は寺子屋時代、ヤン・ヨーステンと習うも、ヤン・ヨーステン(耶楊子)は名前、苗字はファン・ローデンスタインで、Jan Joosten van Loodenstejinと綴るそうな。
やん・よーすてん=耶楊子=八重洲の言葉が残り候事、やん・よーすてん殿も喜んでおられる事で御座ろう。

因みに、ウィリアム・アダムス殿、和名を三浦按針と称されるは、万人の知る処。
英吉利国の生まれにして、キャプテン・ドレークと共に、”アルマダ海戦”にて、スペイン無敵艦隊との戦いに参加。その後、阿蘭陀商船団に加わり、ヤン・ヨーステン殿等と共に極東へ。

昨年、平戸を旅した際、按針殿が墓に参り、合掌。
墓所は、小高い山の中腹、崎方公園に御座った。

日本橋室町には、按針殿が江戸で住まいし屋敷跡があるそうな。
また、横須賀郷西逸見町には、按針夫妻の慰霊碑があるそうな。

いずれ、ポタリングで訪れてみたき処と存じ候。

呑々守殿の「やん・よーすてん本中心」の言葉をヒントに、此れだけ、歩録で遊べる事、有難き事かな。

呑々守殿に御礼申し上げ候。

フォト:2008年2月2日、八重洲にて。

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2008-02-13 06:12 | 名所旧跡 | Comments(4)
2007年 10月 14日

『武相荘』

親しくして戴いているKMTご夫妻から、「武相荘(ブアイソウ)」に参りませんかとのお誘いがあり、ワイフ共々(というようりも、ワイフにくっついて)、9月6日、小田急線で玉川学園へ。
玉川学園駅そばの”MAHALO CAFE"でランチを戴いたあと、「武相荘(ブアイソウ)」へ。
「武相荘」は、終戦直後、憲法草案でGHQと渉りあった、あの白洲次郎さん邸です。
”歴史徘徊病”の小生としましては、非常に興味深いものでありました。

a0104495_18453281.jpg
a0104495_18455749.jpg
a0104495_19284835.jpg
a0104495_19294534.jpg
a0104495_19325410.jpg
a0104495_1933519.jpg
a0104495_19342454.jpg
a0104495_19344756.jpg


帰路、KMT邸にてお茶とケーキ、果物を頂戴しながら、11月初めにプランしている紅葉狩りのあらましを打ち合わせし、帰途につきました。

フォト:
2007年10月6日、武相荘(町田市在)にて。
邸内は、丁度品、書籍などが雰囲気よく整えられていましたが、残念ながら、撮影禁止。
maruchanchi風に、モノクロにしてみました。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-14 19:56 | 名所旧跡 | Comments(1)
2007年 09月 21日

『ひこにゃん』 

昨日、和泉守人麻呂殿より、武田家或いは井伊家の”赤揃え”に倣い、”舞論布屯”は”赤揃え”と致した旨電子飛脚便を頂戴仕り候。
井伊家と申さば、彦根。彦根と申さば、『ひこにゃん』。
よって、『ひこにゃん』を緊急掲載申し上げ候。

七月二十八日、親父殿の三回忌法要でHRKT郷へ参る途中、親父殿ゆかりの地、彦根に立ち寄り候。
丁度、「国宝彦根城築城四百年祭」が催されおり候。
四百年祭のキャラクター「ひこにゃん」が町中に溢れ、祭りを盛り上げおり候。
電動駕籠乗降場で「ひこにゃん」のお出迎え。
a0104495_23374160.jpg

拙者、城を見ると、何故か、血が騒ぐので御座る。
矢張り、”松の廊下”が原因かのう...。
a0104495_23381779.jpg
a0104495_23384382.jpg
a0104495_2339721.jpg

”歴史徘徊病”の一例。
a0104495_23392928.jpg

玄宮園茶室。
冷製仕立ての抹茶を頂戴致し候。
心地良き風と相まって......。
a0104495_23395845.jpg

玄宮園。
何とも落ち着いた風情。
”歴史徘徊病”とは別の世界の事と思いし候。
a0104495_23402476.jpg

赤安寺。別名、赤門寺。
あの石田三成ゆかりの佐和山城の門が此処に移されたという。
”歴史徘徊病”、再発。
a0104495_2340467.jpg

夢京橋キャッスルロード。
a0104495_23411719.jpg

石造りの「ひこにゃん」。
重たきものにも拘らず、可愛らしさで重たきものに見えず...。
a0104495_23414293.jpg


都の西北、W塾御同輩、YS相模守殿は、飛行船の飛ぶ様を観るのが趣味の御仁。
以前、「ヒコちゃん、やってます」との電子飛脚便を頂戴致し事も此れ有り候。
”ヒコちゃん”と”ひこにゃん”、なんとなく語呂が似ておる故、相模守殿の事をふと思い出し候。
三回忌法要を済ませた後、相模殿に電子飛脚便を遣わし候。

人麻呂殿、”滅太歩陸”調教中なれば、”彦根ポタ”をお奨め申し上げ候。
人麻呂殿、更に夢を膨らませ、琵琶湖周遊ポタを何れはとのお考え。
wikipediaに拠れば、琵琶湖の周囲は約六十里。。
古事に拠れば、琵琶湖と淡路島は対。
『琵琶湖&淡路島ポタ・プロジェクト』など、如何で御座ろうや。
思いは尽きませぬなあ...。
企画(=風呂の桶)は上総、具体化は六々守殿でyrsk。

”舞論布屯”=”赤揃え”=井伊家=彦根=『ひこにゃん』........。
またまた、”才気ノーコン病”と相成り候。
城への登城準備も御座れば、ここら辺りで失礼仕り候......。
[PR]

by kazusanokami | 2007-09-21 06:30 | 名所旧跡 | Comments(2)