カテゴリ:音楽( 4 )


2012年 08月 06日

『スマート・なんちゃらの時代』

最近のジャズ・メンは、斯様な文明の利器を持っているのであった。
知らなかったが、然もあらん。
スマート・なんちゃらの時代なんだから。
で、このフォトにあるのは、♪ I'll Rember April ♪ のコード進行だ!
a0104495_1451048.jpg

で、この曲を youtube で検索してみた。
盟友、六ちゃんが youtube をブログに貼り付けたりしている。
これも文明の利器なので、《お真似しくん》で、youtube を貼り付けてみた。



何もかもが、グッド・フーリング(not フィーリング)だ!

フォト:2012年7月31日
[PR]

by kazusanokami | 2012-08-06 21:32 | 音楽 | Comments(2)
2010年 11月 22日

JET STREAM

JALに搭乗する機会があった。
a0104495_6101549.jpg
イアホーンを耳にあてると、あの城達也のナレーションが聴こえてきた。

遠い地平線が消えて、ふかぶかとした夜の闇に心を休める時、
はるか雲海の上を音もなく流れ去る気流は、たゆみない宇宙の営みを告げています。
満天の星をいただく、はてしない光の海をゆたかに流れゆく風に心を開けば、
きらめく星座の物語も聞こえてくる、夜の静寂の、なんと饒舌なことでしょうか。
光と影の境に消えていったはるかな地平線も瞼に浮かんでまいります。
日本航空があなたにお送りする音楽の定期便ジェットストリーム
皆様の夜間飛行のお供をするパイロットは私、城達也です
a0104495_6104974.jpg
[オープニング・テーマ]
ミスター・ロンリー
フランク・フールセル・グランド・オーケストラ

追憶
スタンリー・ブラック楽団

スカボロー・フェア
アーサー・フィシドラー(指揮)
ボストン・ポップス・オーケストラ

ロンドン・デリーの歌
マントヴァーニ・オーケストラ

青い影
ジェームス・ラスト・オーケストラ

夜のストレンジャー
ベルト・ケンプフェルト楽団

メモリー
ザンフィル

夜のプレリュード
アーサー・フィシドラー(指揮)
ボストン・ポップス・オーケストラ

ムーン・リバー
マントヴァーニ・オーケストラ

スター・ダスト
フランク・チャックスフィールド・オーケストラ

枯葉
ポール・モーリア・オーケストラ

フィーリング
ある愛の詩
デヴィッド・ローズ楽団

[エンディング・テーマ]
夢幻飛行
アンドレ・バウア&ジェットストリーム・オーケストラ

夜間飛行のジェット機の翼に点滅するランプは
遠ざかるにつれ次第に星のまたたきと区別がつかなくなります
お送りしております、この音楽も美しく、あなたの夢に、溶け込んでいきますように
日本航空がお送りした音楽の定期便、ジェットストリーム
夜間飛行のお供をいたしましたパイロットは私、城達也でした

機内誌""SKYWARD"の Entertainment Guideに目を通すと、
「羽田空港新国際ターミナル OPEN を記念してお届けする特別プログラムです」、
そして、<お断り>として、「本番組は、JAL オリジナルCDコレクション"JET STREAM"の音源から番組イメージを再現してお届けいたします」
とあった。

フォト:2010年11月18日
[PR]

by kazusanokami | 2010-11-22 06:43 | 音楽 | Comments(8)
2009年 03月 17日

『Zemlinsky/Die Seejungfrau』

a0104495_21484917.jpg


先日、imba殿は、東京楽友協会定期演奏会で、ツェムリンスキーの交響詩「人魚姫」を聴かれたとのことで、しばし、これがブログ上で話題となりました。

そうしたこともあり、直近で撮ったフォトの中で、これが最も相応しいのではないかと思い、掲載してみました。

フォト:2009年3月12日、或る町kb にて。
[PR]

by kazusanokami | 2009-03-17 22:12 | 音楽 | Comments(6)
2007年 09月 07日

『ルチアーノ・パヴァロッティさんに捧ぐ』

9月6日、ルチアーノ・パヴァロッティさんが亡くなった。

世界各地で開かれるようになった「世界三大テノール」のコンサート。
そのはしりとなったのは、1990年7月、ローマ、カラカラ浴場で催されたコンサートであった。
このライブをコンサート会場で聴いた訳ではないが、このコンサートが開催された直後の1990年8月、ファミリーでイタリアを旅行中、カラカラ浴場を訪れた際に、未だ片付けられていない、このコンサートの舞台を見た。
直ぐにローマ市内のレコード店に足を運び、このCDを買い求めた。
DECCAレーベルだが、Made in ItalyのCDであった。
後日、テレビで放映されたものも視聴した。

この6月、Universal MusicからこのコンサートのDVDの廉価版が発売され、即、買い求めた。

”オ・ソレ・ミオ”の、あのしゃくるような唄い方が何とも面白く、この曲を何度も聴いてしまう。この場面を何度も見てしまう。

イタリアでのデジタル画像は残念ながら持ち合わせていないが、手元にあるニューヨーク・メトロポリタン歌劇場のオペラに纏わるデジタル・フォトを追悼のフォトとする。

合掌。

a0104495_231616.jpg

a0104495_23183667.jpg


CD:
CAREERAS DOMINGO PAVAROTTI
in concert
Terme di Caracalla Roma
7 July 1990
CD No. DECCA 430 433-2 DH

DVD:
(邦題)
パヴァロッティ、ドミンゴ、カレーラス
3大テノール 世紀の競演
DVD No. UCBD-9001/071 233-2
[PR]

by kazusanokami | 2007-09-07 23:26 | 音楽 | Comments(2)