『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:エピソード( 102 )


2014年 06月 03日

『早慶戦同窓会』

5月初旬、長らく幹事を務めてくれているKSくんから早慶戦同窓会の案内があった。
--------------------
恒例の同窓会を、以下の通り行います。
*日時=5月31日(土曜日)
*場所=神宮球場(ライト側外野席 ヤクルトタフマンの広告看板の下あたり)
早慶戦を観戦して、そのあとで信濃町駅の「ジョン万次郎」で一杯やります。
今年の早慶戦は優勝がかかった試合になりそうです。
野球に間に合わない場合は飲み会からの参加でも結構です。
お会いするのを楽しみにしています。
---------------------

5月下旬、別の私的集まりである「大放談会」でのこと。
「今週末、早慶戦に行くことになってます」。
三つ年上、立大出身の備前守殿曰く「早慶、どちらも優勝が掛かってますね。早稲田、大丈夫です。ピッチャーの有原がいますから」と嬉しい言葉。

5月31日、晴れ。
朝のニュースで「今日、国立競技場は56年の歴史の幕を閉じます」とのアナウンスと共に、前日のブルーインパルスの予行演習の模様が映し出された。
早慶戦同窓会の前に国立競技場を"取材"しておこうと思い、少し、早めに出掛けた。
国立競技場の"取材"は、1月18日、2月23日に続いて、今年三度目だ。
外苑西通り沿いに足が自然と向く。
今一度、"TOKYO 1964"のエンブレムと金メダリストの名が刻まれた壁を見ておきたいからだ。
国立競技場、最後の日を示すかの如く、カメラを向けている人が多い。
a0104495_1885767.jpg
国立競技場の周辺には、胸に"SAYONARA 国立競技場 FOR THE FUTURE"と染め抜かれたTシャツを着た人がいっぱい歩いている。
お別れイベントのリハーサル中なのであろうか、競技場の中から谷村新司の「昴」が聞こえてくる。
♪さらば 昴よ♪を♪さらば 聖地よ♪と言いたいのであろう。

このよちよち歩きの赤ちゃんは2020年の東京オリンピックの頃には小学生だ。
a0104495_1895231.jpg
見慣れた案内図。
a0104495_18104354.jpg
新しい国立競技場は高さ70mにもなり、景観を壊すのではないかとの意見もある。
そもそも、これだけの施設を僅か56年の寿命で建て替えること自体がおかしいともいえよう。
斯様なことでは、昭和の歴史ある建造物は残らないであろう。
だが、新しい競技場が出来てしまえば、新たな名所となるのである。
複雑な気持ちである。

代々木門。
a0104495_18112759.jpg
表札「国立霞ヶ丘競技場」。
a0104495_18121023.jpg
「国立競技場」、更に縮めて「国立」と呼んだりしているが、正式には「国立霞ヶ丘競技場」なのである。

高さ70メートルじゃ、これほど近くから見上げることは出来ないであろう。
a0104495_1813261.jpg
はためく"SAYONARA 国立競技場 FOR THE FUTURE"の旗。
a0104495_18141630.jpg
道々で出会った人たちが着ていたTシャツにも染め抜かれていたデザインである。

神宮球場。
一般外野席の入場券を購う。
16番ゲートから入る。
「タフマン」の広告看板の前あたりの席を見渡す。
幹事KSくんの姿、発見!
「ご無沙汰っ!」と声を掛け、隣りの席に座る。
HMFくん、HMKも姿を現す。

「早稲田スポーツ」。
右下の広告がちょっと気になる。
a0104495_18155941.jpg
先日、備前守殿よりイチオシを貰った有原投手。
a0104495_18163587.jpg
ナマの、有原投手。
a0104495_18171633.jpg
「我々の時代に優勝したこと、あったっけ?」とHMFくん。
「2年の秋に優勝したと思うんだけど」と上総。
「実は、こんなものがあって」とバッグから扇子を出して来た。
「これは、お宝鑑定団ものやね。記念に一枚、撮っておきましょう」。
a0104495_18184998.jpg
「1969 秋 W-K戦」とある。
「1969年といえば、2年のとき。やっぱり、2年生、1969年の秋に優勝しているのかも。この扇子はそのときの記念品かも」。
「横山隆一の『フクちゃん』の図柄がこれまた懐かしいね」。
フクちゃんは、着物に下駄、大学帽という姿で早稲田大学のマスコットキャラクター。
今もそうなのだろうか。

5回裏、早稲田は慶応・加藤拓也投手の暴投で1点、先制。
内野学生応援席、外野学生応援席とも「紺碧の空」の大合唱。
a0104495_18194845.jpg
a0104495_18201516.jpg
ところが、7回表、慶応、校歌斉唱のあと、竹内惇選手がライト側早稲田の応援席に2ランホームランで逆転。

7階裏、早稲田、逆転を期して、校歌斉唱。
a0104495_18204995.jpg
握りこぶしを高く翳して。
a0104495_18212250.jpg
7回裏、早稲田の攻撃は有原くんから。
a0104495_1822549.jpg
ところが、「バッター有原くんに代わり、三倉健くん」のアナウンスメント。
備前守殿イチオシ、小生も大いに期待しておった有原投手はベンチに下がってしまった。
a0104495_18224353.jpg
残りのイニングで、ランナー2塁のチャンスもあったのだが...。
a0104495_18233041.jpg
第1回戦は、早稲田、惜敗。
「明日は頑張れ!」とタフマンの看板を見上げる。
a0104495_1824668.jpg

信濃町駅の「ジョン万次郎」で一献。
勝っても負けても(正確には「負けても」だけだが)、仲間と飲むビールは旨いっ!
国立競技場、神宮球場、旧友と、三つの懐かしさを愉しんだ1日であった。

蛇足の感ありだが、記録として6月1日のことも綴っておこう。
夜、第2回戦の速報を見る。
早稲田、6対7でまたまた惜敗。
我が母校は第2回戦、第3回戦に勝てば優勝であったが、第2回戦も惜敗し、早慶の勝ち点はいずれも4ながら、勝率で慶応が上回り、2014年春季は慶応の優勝となったのであった。

毎回、幹事を務めてくれているKSくんに感謝の意を込めて、このブログを綴る次第である。
そして、今回、出席できなかった仲間への近況報告がてら、このブログを綴る次第である。

フォト:2014年5月31日
[PR]

by kazusanokami | 2014-06-03 18:26 | エピソード | Comments(0)
2014年 01月 01日

『あけましておめでとうございます』

あけましておめでとうございます。
今年も、兄弟ブログ「龍人鳥の徒然フォト日記」共々、「上総守が行く!」をよろしくお願いします。
a0104495_234843100.jpg


フォト:2014年1月1日、成田山新勝寺
[PR]

by kazusanokami | 2014-01-01 23:48 | エピソード | Comments(0)
2013年 10月 25日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けます。
ブログは暫らく休載とさせていただきます。
a0104495_20184299.jpg


フォト:2013年10月11日
[PR]

by kazusanokami | 2013-10-25 05:11 | エピソード | Comments(0)
2013年 10月 04日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けます。
ブログは暫らく休載させていただきます。
a0104495_2102443.jpg


フォト:2013年9月16日、手賀沼にて
[PR]

by kazusanokami | 2013-10-04 08:48 | エピソード | Comments(0)
2013年 09月 07日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けて来ます。
暫らくブログは休載とさせていただきます。
a0104495_51569.jpg


フォト:2013年8月31日
[PR]

by kazusanokami | 2013-09-07 03:41 | エピソード | Comments(0)
2013年 09月 03日

『ふたつの季節』

手賀沼早朝ポタリングの途中、夏と秋、ふたつの季節を感じる。
8月下旬、早くも、栗の実や柿の実を見た。
a0104495_0225611.jpg
a0104495_0232116.jpg
8月下旬から稲刈りが始まった。
当地は、田植が4月下旬から5月初旬なので、刈り入れも「秋」より一ケ月ほど早いのだ。
早朝、里山の頭から昇る朝日に照らされる稲藁群を眺める。
a0104495_029452.jpg
a0104495_029306.jpg
9月となった。
秋の雲と言いたいところだが、早朝から入道雲が北の空に湧き上がっている。
a0104495_0375349.jpg
北の空のみならず、西の空も積乱雲に育ちそうな雲が湧き上がっている。
a0104495_039589.jpg
その一方、湖面は秋の風情を感じさせる。
a0104495_0474815.jpg
ボタンクサギ。
今夏7月、住宅街の空き地で見つけ、名前を覚えた花だ。
7月、8月で終わりの花かと思っていたが、手賀大橋北岸の袂で、まだ、蕾もいっぱい付けているボタンクサギを見つけた。
a0104495_0492226.jpg
a0104495_0494672.jpg
秋の気配を感じながら、猛暑の夏も終わってしまうのかと何やら寂しさを感じながら、その一方、ポタリングのベストシーズンの秋よ、早く来いと勝手なことを思いながら、毎日、早朝ポタリングで手賀沼を巡っている。

フォト:2013年8月28日、9月3日
[PR]

by kazusanokami | 2013-09-03 11:58 | エピソード | Comments(0)
2013年 08月 13日

『じぇじぇじぇ!』

毎年、この時期になると、この田んぼは案山子コンテストの様相を呈し、楽しませてくれる。
a0104495_19434721.jpg
遠目からでも、ハッハーン、あのキャラクターだなと分かるものが幾つかあった。
それらをズームアップしてみた。

キティちゃん、そして、船橋のゆるキャラ/ふなっしー。
a0104495_19442295.jpg
ふなっしーは、梨の妖精なんだそうだ。
ふなっしーは、ご当地と同県の船橋のゆるキャラなれど、承知しおらず、つい、先日、浜松のfurimukebakaeruさんのブログで知った次第だ。
furimukebakaeruさんのブログにアップされていなければ、目に入らなかったゆるキャラである。
furimukebakaeruさんに感謝!

魔女の宅急便/キキ、そして、ご当地、我孫子のゆるキャラ/うなきちさん。
a0104495_194635.jpg
成田には、鰻と飛行機を合体した「うなりくん」なるゆるキャラがいる。
同じ鰻キャラで比べるなら、ご当地「うなきちさん」の勝ち!と言いたいところであるが、さて?

そして、「じぇじぇじぇ、こんなところにも、あまちゃんが!」と叫んでしまったのである。
雲丹ならぬ米、やっぱり、じぇじぇじぇ!である。
a0104495_19462686.jpg
今年最大のヒット・キャラだ(年末までまだ数ヶ月あるが、今、こういっても間違いはないだろう)。
故に、案山子になっても何の不思議もない。
襷の「あまちゃん、がんばれ!」には、いろんな意味が込められているのだろう。

フォト:2013年8月3日、根戸ばるびぞん村にて
[PR]

by kazusanokami | 2013-08-13 23:04 | エピソード | Comments(0)
2013年 08月 05日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けて来ます。
ブログは暫らく休載とさせて戴きます。
a0104495_11373093.jpg


フォト;2013年7月30日
[PR]

by kazusanokami | 2013-08-05 05:38 | エピソード | Comments(2)
2013年 06月 30日

『 Intermission 』

暫らく行脚に出掛けて来ます。
ブログは暫らく休載とさせていだだきます。
a0104495_1155314.jpg

フォト:2013年6月25日、上野不忍池にて
[PR]

by kazusanokami | 2013-06-30 04:14 | エピソード | Comments(0)
2013年 06月 29日

『夏目漱石の世界美術展/Natsume Soseki & Arts』

a0104495_116179.jpg
a0104495_1164394.jpg
a0104495_1171660.jpg
a0104495_1174952.jpg

6月22日付ブログで、ターナーの絵のことについて触れた。
6月25日、東京藝術大学美術館で開催されている「夏目漱石の世界美術展/Natsume Soseki & Arts」に行ってみた。
久し振りに、ターナーの絵に出会った。
ターナーの絵が語られる、そして、ラファエロの絵も語られる「坊ちゃん」について思いを新たにした。
久し振りに、ジョン・エヴァレット・ミレーの絵にも出会った。
ジョン・エヴァレット・ミレーの絵が語られる「倫敦塔」、そして、ジョン・エヴァレット・ミレーの絵をイメージして綴られた「草枕」の一節など、それらについても思いを新たにした。
「我輩は猫である」の表紙を飾る絵を描いたのは橋口五葉なる画家であった。
漱石は書籍の装丁について、一過言、持っていたとのことである。
書籍そのものが、芸術品、美術品なのである。
当世、流行りの電子書籍について、漱石のコメントが聞けるものなら聞いてみたいものだと、ふと、思った。

漱石の小説と西洋絵画の関わり、日本画に関わる評論、漱石自らの手による書や日本画など盛りだくさんの美術展であった。
齢六十五を重ねた今、初めて知るもの、漱石とはこういう人だったんだと思わせるものが数多、あった。
これまで、jitensha での「〇〇ゆかりの地を訪ねて」シリーズをやってきた。
「夏目漱石ゆかりの地を訪ねて」を企画せねばとの思いを強くした。

フォト:2013年6月25日
[PR]

by kazusanokami | 2013-06-29 23:58 | エピソード | Comments(0)