カテゴリ:百日紅( 2 )


2007年 09月 23日

『究極の百日紅』

a0104495_12145671.jpg


9月初旬、kazusayomeの実家を訪れし際、義兄、讃岐守殿、丹精込められし「百日紅」の盆栽を拝見。

「夏の手賀沼ポタリング日記」でサルスベリのフォト数葉を掲載致した拙者には、この盆栽、「究極の百日紅」と深く感動致し候。

讃岐守殿曰く、「外側に出ている二本の枝は、切り落とそうと思いし候」と。
成程、盆栽、俳句、木彫り、フォトと趣味の深い讃岐守殿ならではの、美の極意と存じ候。
趣味の域を超え、最も注力なされておられるは、「卓球」で御座ること、申し添え候。

=追伸=
今朝、手賀沼を早朝ポタ。
台風9号で倒れた、サルスベリ三本、見事に復活致しおり候。
且つ、可愛らしく剪定されおり候。
安堵!
a0104495_1237685.jpg

[PR]

by kazusanokami | 2007-09-23 12:40 | 百日紅 | Comments(0)
2007年 09月 08日

『私の大好きな、あのサルスベリ三本が...』

9月8日(土)、早朝ポタで、手賀沼を一周。
今日は、左手のコンディションのチェックのため、カメラは携えず、チャリに専念。

9月になり、手賀沼およびその周辺は秋の気配。

稲田は半分くらい刈り取られていた。
残る半分も、9月6日から7日にかけて到来した台風にもめげず、刈り入れられるのを待っている様子。

手賀沼の水が、少し、抜かれ、砂洲が現れていた。
昨年秋からこの冬にかけ、よく鳥のフォトを撮った場所だ。
多くの鳥たちがその砂洲で遊んでいた。
その中に大型の鳥が一羽。
久し振りに見たアオサギであった。

走行中、後ろから何か追いかけて来る気配。
振り向くと、10歳くらいの少年が自転車に乗って小生の後ろに。
「一緒に走ろう」と声を掛け、並走。
「いい自転車に乗ってるね」
「おととい、買ったんです」
「今日は休み?」
「はい、土曜日ですから」
「今、スピードは20km」、「22km」、「がんばれ」、「今、25km.......27km!!」
道の駅のそばで、少年の別れた。

しばらく走ると、小生の大好きな、あの三本並んだサルスベリが植わっている場所。
ところが、である。
三本とも、支柱もろとも、根っこから倒れているではないか。
台風9号の強風に堪えられなかったようだ。
管理人さんの手で復旧されることを念じながら、ここをあとにした。

サルスベリ三本の再起を願って、8月24日掲載のフォトを再度、掲載します。

a0104495_10553283.jpg

[PR]

by kazusanokami | 2007-09-08 22:00 | 百日紅 | Comments(0)