『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:手賀沼( 24 )


2009年 09月 02日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-7

第2話、第3話で登場した、カワウ、ハクチョウ、オオバン、サギに続き、手賀沼の鳥として、外せないのがこの鳥です。
手賀沼漁協のアイドル(?)、「ガーコ」。
木陰で一休みしていました。
a0104495_20554625.jpg

まだまだ、夏だよと主張するが如くに咲き誇る向日葵。
a0104495_20555590.jpg

黄金色に色づく稲田。
a0104495_2056684.jpg

休耕田の水溜りで遊ぶチュウサギたち。
a0104495_20561737.jpg

早くも、刈り入れの終わった稲田。
a0104495_20562881.jpg
「早い刈り入れですね」。
「来週は天気が悪いとのことなので、今日、やっちゃいました」。
「ご苦労さまです」。

夏、そして、夏から秋への移り変わりも感じさせる、8月末の手賀沼とその周辺のポタでした。
走行距離26.1km。

今日のjitensha /手賀川沿いにて。
a0104495_20564157.jpg


フォト:2009年8月29日

(完)
[PR]

by kazusanokami | 2009-09-02 19:57 | 手賀沼 | Comments(4)
2009年 09月 02日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-6

手賀沼から、久し振りに、手賀川沿いを走ってみました。

浅間橋からの眺め。
川の両脇の稲田は既に黄金色に色づいています。
a0104495_20313540.jpg

手賀川沿いの萱の原。
初夏の頃はオオヨシキリの止まり木であった萱の穂は、トンボの止まり木に...。
a0104495_20314584.jpg
a0104495_20315419.jpg
a0104495_2032581.jpg


フォト:2009年8月29日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-09-02 09:36 | 手賀沼 | Comments(2)
2009年 09月 01日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-5

先日、見た東屋の貼り紙「ざりがに、入荷しました/手賀沼フィッシング・センター」が少々気になるので、"確認"すべく、フィッシング・センターへ立ち寄ってみました。

手賀沼フィッシング・センターの品書き。
「ざりがに、1キロ 1,500円」(フォトの中段、左から4番目)とあります。
a0104495_206257.jpg
1キロということは、一匹10グラムとして100匹、20グラムとして50匹...などと詰まらぬことを考えたりして...。。
丁度、居合わせた、フィッシング・センターのご主人に尋ねてみました。
「ここに書かれてあるザリガニは食用ですか。東屋で見た貼り紙が気になりましたもんで...」。
「食用ですよ」。
「ということは、あの赤い、でっかいヤツですね」。
「そう、アメリカザリガニです。ニホンザリガニは、最近、殆どいなくなりました」。
「食用は、やはり、茹でて、ですか?」。
「そう、塩茹でが一番だね。一般のお客さんも、よく、買って行かれますよ」と。
茹でザリガニ、どんな味なんでしょうかね。
ザリガニを食す習慣を持ち合わせない小生には、子供が興じるザリガニ釣りを眺めている方が楽しい...。

ホテイアオイ。
いつぞや、"maruchanchiの写真日記"で、水鉢に咲いたホテイアオイの花を見ました。
この花のことも少々気になっていた(ザリガニの貼り紙、ホテイアオイの花、何でも気になるんです)ので、フィッシング・センター近くのホテイアオイの池に立ち寄ってみました。

薄紫の花がちらほらと咲いていました。
a0104495_2065846.jpg
a0104495_207746.jpg
a0104495_2071839.jpg
2年前にここで見たときは、池を埋め尽くすほどに咲いていましたが、それは9月のことでした。
9月になったら、また、ここを訪れてみよう。

ツユクサ。
ホテイアオイの池のそばで、さりげなく咲いていました。
a0104495_2072583.jpg


フォト:2009年8月29日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-09-01 23:54 | 手賀沼 | Comments(2)
2009年 09月 01日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-4

Beuties of nature、鳥を撮ると花も撮りたくなります。

ヒマワリ。
a0104495_1938624.jpg

ケイトウ。
a0104495_19384470.jpg

さて、この花の名は...、クレオメでしょうか。
a0104495_19385482.jpg

イングリッシュ・ガーデン風。
a0104495_1939111.jpg
散歩中の人から「このきれいな花畑、誰がお世話をしているんでしょうか」と。
「さて、どなたなんでしょうか。この花畑、夏だけのものかと...」。
と答えましたが、世話をしているのは、近くの梨園の人かもしれません。

フォト:2009年8月29日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-09-01 06:34 | 手賀沼 | Comments(2)
2009年 08月 31日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-3

沼南ボート乗り場で、ハクチョウやオオバンと戯れる。
a0104495_16213479.jpg

本来は渡り鳥ながら、手賀沼のハクチョウはずっとこの沼に留まる留鳥なので、夏も元気。
a0104495_16221767.jpg

自慢の、額の白い紋様が夏の太陽に映えています。。
a0104495_16223147.jpg

空高く、サギの飛ぶ姿も。
a0104495_16225145.jpg

北岸を臨む。
a0104495_162378.jpg


フォト:2009年8月29日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-08-31 18:37 | 手賀沼 | Comments(0)
2009年 08月 30日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-2

「孤高の鵜」、手賀沼でよく見掻ける風景です。
久し振りに鳥を撮りながら、ポタすることにしました。
a0104495_15584868.jpg

杭を公平に分け合って...。
これもよく見掛ける風景です。
a0104495_1559631.jpg

沖合いの杭も同様に...。
曙橋からの、この眺め、気に入っています。
a0104495_15592233.jpg


フォト:2009年8月29日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-08-30 23:58 | 手賀沼 | Comments(2)
2009年 08月 30日

『2009夏の手賀沼・手賀川ポタ日記』 nk-1

8月16日は手賀沼ポタ、8月23日は手賀沼トライアスロン観戦と、ここのところ、手賀沼づいています。
8月23日、再び、手賀沼を、そして、少し先の手賀川をポタ。

朝夕は秋らしさを感じるようになりましたが、まだまだ、日中は夏の暑さ。
a0104495_1532316.jpg

「つわものどもが夢のあと」。
先日のトライアスロン/「ラン」のコースです。
a0104495_1533356.jpg
a0104495_15331437.jpg
a0104495_15332520.jpg
a0104495_15334340.jpg
a0104495_1534535.jpg


フォト:2009年8月29日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-08-30 16:41 | 手賀沼 | Comments(0)
2009年 08月 29日

『手賀沼トライアスロン2009』 tt-7

手賀大橋で「バイク」のフィニッシュの様子を眺めた後、「ラン」のコースへ。

小生お気に入りの「三猿の百日紅」を走り抜ける選手たち。
a0104495_8134145.jpg
a0104495_8135169.jpg

西に向かって走る選手たち、折り返し地点から東に向かって走る選手たち。
(二車線のうち、一車線がトラアスロン「ラン」の往復路)
a0104495_8142022.jpg

a0104495_814576.jpg


トライアスロンの会場近く、「道の駅しょうなん」で遭遇した"STRIDER" x 2台。
a0104495_8143348.jpg
先ほど、手賀大橋で「スイム」を観戦、応援していた子供さん二人のバイクでした。
この"STRIDER"、ペダルがなく、サドルに跨がって足で蹴って走るバイクでした。
いずれ、この二人のお子さん、大きくなったらトライアスロンに参加することでしょう。
"STRIDER"で鍛えた体力と脚力で...。

今回の『手賀沼トライアスロン』での my best selection は、これ!
第2話の ”Lovely kids and mother with STRIDERs" をフラッシュ・バックで。
a0104495_8153593.jpg


フォト:2009年8月23日

(完)
[PR]

by kazusanokami | 2009-08-29 15:27 | 手賀沼 | Comments(2)
2009年 08月 29日

『手賀沼トライアスロン2009』 tt-6

トライアスロンの観戦のみならず、マイ・ポタもせねばなりません。
"ハチの巣"から退散し、我が愛車bd-1の駐輪場所へ移動。
手賀大橋の袂からサイクリングロードを西へ。
このまま、家に帰ろうかと思いつつも、結局、時計回りで手賀沼を半周し、再び、手賀大橋へ。

手賀大橋の上から「バイク」の折り返し、そして、フィニッシュの模様を眺めました。

遠く、人だかりのしているところが、「バイク」の折り返し地点。
a0104495_628407.jpg

折り返している選手、そして、フィニッシュの選手も。
かなり、差がついています。
a0104495_6285057.jpg

「バイク」、フィニッシュの選手たち。
a0104495_6291199.jpg
a0104495_6292417.jpg
a0104495_6293755.jpg
a0104495_63032.jpg
a0104495_6294885.jpg

フィニッシュ・ラインを通り過ぎる選手たちにカメラを向けていたところ、先ほど、ハチがいた辺りに、何やら、黄色い囲いのようなものが見えます。
超ズーム・アップしたところ、こんな風になっていました。
a0104495_6303737.jpg
先ほど、「カメラの許可証は?」の次に、「ハチの巣に気を付けて」となったので、そりゃ、話の順序が逆じゃないの、と思ったりしていましたが、その後、早速、ハチの巣対策が施されたようです。
誰かが刺された後の対策でなきゃ、いいんですが...。

おっと、話題が反れました。
次は「ラン」の観戦です。

フォト:2009年8月23日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-08-29 07:20 | 手賀沼 | Comments(2)
2009年 08月 28日

『手賀沼トライアスロン2009』 tt-5

「バイク」の乗車位置では、前第4話の如く、選手の様々な姿を楽しみました。
"楽しんだ"と申しては、悪戦苦闘をしていた選手に申し訳なきことにて、"スタートを切る選手たちの気持ちがひしひしと伝わって来ました"と申しておきましょう。

この第5話では、乗車位置からスムーズにスタートした選手たちを。

トライアスロンは多くの人たちのサポートで成り立っています。
襟の下と右袖に、JTU(日本トライアスロン連合)の文字が見えます。
ご苦労さまです。
a0104495_2219147.jpg

上手くシューズが履けそう。
a0104495_22193032.jpg

この選手も上手くシューズが履けそう。
a0104495_22195579.jpg

ピンに合わせているよう。
a0104495_2220720.jpg

二人とも裸足ながら、スムーズに。
a0104495_22202110.jpg

40kmの長丁場、頑張ってくださーい!
a0104495_2219421.jpg

その後も、「スイム」をフィニッシュした選手たちが、それぞれ、ご自慢のバイクを押して、乗車位置に続々と登場。
多種多様なバイクを眺めているだけでも楽しく、カメラのファイダーを通して見るのは止め、カメラを"封印"。
カメラを首にぶら下げまま、自らの眼で観戦。

そこへ 、オレンジ色のウェアを着た、係りの人が寄って来て、「カメラの許可証をお持ちですか?」と。
「いえ、持っていません」。
「本部で許可証を貰ってください」。
何故、許可証が必要なのかはよく分からぬも、多分こういうことだろうと勝手に想像し、理由は敢えて聞かず、「本部で許可証を貰うこと、了解です」と応答。
更に、係りの人曰く、「1メートルほど向こうの植え込みにハチの巣があります。お気をつけて」と。
係りの人の指差す方を見ると、ハチの巣とその回りをぶんぶん飛び回るハチたちが。
「あな、恐ろしや」。
許可証のことは頭から吹っ飛んで、早々にその場から退散しました。
(慌てて退散したので、ハチの巣を"激写"するのを失念!残念!)

フォト:2009年8月23日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-08-28 20:50 | 手賀沼 | Comments(2)