カテゴリ:トリ、撮り三昧ポタ( 49 )


2010年 02月 21日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-10

白鳥の騎士団とブラック軍団の朝餉争奪戦が終わり、静寂を取り戻した「白鳥の郷」では...

氷上のセグロセキレイ。
a0104495_175790.jpg
a0104495_17135854.jpg

氷上のスズメ。
a0104495_17141120.jpg
a0104495_17143560.jpg

セグロセキレイとスズメのツー・ショット。
a0104495_17144699.jpg

ようやく、売店の店開き。
a0104495_17145792.jpg

「餌撒き、ご苦労様でした。朝、7時半からですっかり身体が冷えてしまいました。いつもの焚き火をお願いします」と、「白鳥を守る会」の給餌掛りさんに無理をお願いし、ドラム缶の焚き火の準備に取り掛かって貰いながら、あれこれ、インタビュー。

「餌を撒いているとき、奥にいるハクチョウは寄って来ませんでしたね」。
「奥にいるのは自活しているハクチョウで、給餌の餌は食べないんですよ。給餌の餌を食べて満腹になったハクチョウは餌を探しに出掛けたりせず、1日中、ここにいます。しかしながら、オナガガモが撒いた餌の殆どを食べてしまうんで、殆どのハクチョウは腹を空かせて、餌場へ飛び立つということになるんです」。
「さっき、それで、餌を撒く皿でバケツを叩いて、追い払っていたんですね」。
「そうなんですよ。オナガガモは厄介者なんですよ」。
「手賀沼では、オナガガモは可愛いと思っていましたが、ここでは泥は跳ねられるし、行儀は悪いしで、オナガガモのイメージ、最悪!」。

「朝、早く飛び立って、餌場に行く群れがいましたが、今、いる群れは飛び立ちませんね」。
「氷の張っているところにいるハクチョウは、氷が解けるまで、飛び立たないんですよ。氷で水掻きを傷つけることになるんで」。
「なるほど、ハクチョウはそういうことを知っているんですね。賢い鳥だ」。

「去年は、私の記録では2月14日に北へ帰ったとありますが、今年はどんなものなんでしょうね」。
「気温は関係なく、南風が吹き始めると次々と北へ帰って行きます。今年の北へ帰る時期も南風次第となりますね」。
「そうですか、南風の吹くころですか。今朝は給餌を見させて貰い、オナガガモ悪者論も聞き、また、ハクチョウと氷や南風の関係の話も聞きで、大いに楽しませて貰いました。どうも有難う」。
a0104495_1715724.jpg

大給守殿も大満足にて、「白鳥の郷」をあとにしました。

「大給殿、さて、これから如何いたしませうや。印旛沼漁協・水産センターの『周年うなぎ』を食すには時間的に早よう御座るし...。利根川CRを佐原まで走り、『長谷川』で鰻を食し、佐原散策など如何でせうや」。
「そう致しませう」。
「佐原のあと、時間があれば、潮来へ脚をのばし、潮来の伊太郎の銅像前で橋幸夫の唄など聴くのも一興かと」。
「佐原のあとは、香取神宮へ参りませう」。
「それは良き案。そう致しませう」。

本埜村「白鳥の郷」で「トリ、撮り三昧」、佐原散策、香取大神宮参拝、そして、利根川/津の宮の大鳥居と、盛り沢山なポタを終え、JR佐原駅から輪行にて帰宅。
走行距離は55.58kmでした。

フォト:2010年1月16日

(完)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-21 11:10 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 20日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-9

勝利の羽ばたき(???)をするハクチョウ。
a0104495_16572362.jpg

勝利の雄叫び(???)をあげるハクチョウたち。
a0104495_16573254.jpg

何事もなかったような、オナガガモの姿。
a0104495_16575032.jpg

静寂を取り戻した「白鳥の郷」。
a0104495_1658618.jpg


フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-20 18:09 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 20日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-8

白鳥の騎士団 vs ブラック軍団朝餉争奪戦もそろそろ終わり、喧騒から静寂へ。
a0104495_7361894.jpg
a0104495_736336.jpg
a0104495_7365737.jpg
a0104495_73799.jpg


フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-20 18:08 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 20日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-7

餌をついばむため、泥田に首を突っ込んでいるオナガガモの姿はタケノコを思わせます。
a0104495_76413.jpg
a0104495_761590.jpg
a0104495_763286.jpg
a0104495_764663.jpg
「上総殿、泥が!」と大給守殿。
「ゴアテックスの装束ゆえ、大丈夫に御座る」。
「いや、装束ではなく、カメラのレンズが!」。
あちゃっ、カメラのレンズに、オナガガモの撥ねた泥が点々と...。
a0104495_7245113.jpg
a0104495_72589.jpg
手賀沼で眺めていたときは、可愛く思っていたオナガガモも、何やら憎き仇の如きに...。

フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-20 18:07 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 16日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-6

ハクチョウ vs オナガガモの朝餉争奪戦というよりも、白鳥の騎士団対ブラック軍団の陣地争奪戦の様相...
a0104495_22104742.jpg
a0104495_2211126.jpg

身軽なオナガガモは空中戦をも展開...
a0104495_22111021.jpg
a0104495_22112258.jpg

白鳥の騎士団、危うしの様相...
a0104495_2211311.jpg
a0104495_22114087.jpg

オナガガモに掻き回された泥田は、何やら、チョコレート状の様相に...
a0104495_22115172.jpg
チョコレート?バレンタイン?の連想から、白鳥の騎士団の悲劇というよりも、1929年2月14日、米国シカゴで起こった St. Valentine's Day Massacreへと、泥田から続く連想は、全く、あらぬ方向へ...。

フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-16 22:16 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(2)
2010年 02月 15日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-5

「白鳥を守る会」の餌係さん、数回に分け、餌撒き。
a0104495_21511950.jpg

先ず、ハクチョウが朝餉をついばむ...
a0104495_21515326.jpg
a0104495_2152250.jpg

と思いきや、オナガガモが割り込んで来て...
a0104495_21521985.jpg

しかし、オナガガモに負けじと、ハクチョウは泥田に首を突っ込んで、泥だらけになりながら...
a0104495_21523196.jpg

しかし、徐々に、身軽なオナガガモに占領され...
a0104495_21524176.jpg

食い意地の張ったオナガガモも、時折、泥田から頭を出して、一呼吸...
a0104495_21525346.jpg

遠目には、ハクチョウ vs オナガガモの朝餉争奪戦をやっているようには見えないのだが...
a0104495_21575488.jpg

まだまだ、ハクチョウ vs オナガガモの朝餉争奪戦は続きます。

フォト:2009年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-15 22:05 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 15日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-4

餌撒きが始まる。
a0104495_20465265.jpg
a0104495_2047118.jpg
a0104495_20471079.jpg
a0104495_20471941.jpg
a0104495_20473462.jpg
a0104495_2048687.jpg
バケツを持って、泥田のあちらこちらに餌を撒く。
これを数回、繰り返す。
餌を撒きながら、時折、バケツをカップで叩き、金属音を発している。
その理由は追って。
a0104495_20483551.jpg
最後の一撒きを終える。

既に、ハクチョウとオナガガモの朝餉争奪戦が始まっている。

フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-15 06:30 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 14日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-3

8時前、「白鳥を守る会」餌撒きご担当が登場。
「白鳥を守る会」は御老体が多い中、彼はどちらかと申せば、若手のよう。
餌の準備。
a0104495_17355299.jpg
a0104495_1736951.jpg
a0104495_17354022.jpg

ハクチョウの様子を眺めていると、餌の時間が近付いているにも拘わらず...
a0104495_17375447.jpg
奥の方にいたハクチョウのうち、何羽かが飛び立ち始めました。
a0104495_17382041.jpg
a0104495_17383577.jpg
a0104495_17384610.jpg
a0104495_1739582.jpg
a0104495_17391776.jpg

後刻、「白鳥を守る会」の餌撒きの人から、餌の時間が近付いているにも拘わらず、飛び立った理由や、早朝に飛び立つときの注意事項(と言ってよいのでしょう)など、面白い話を聞きました。
その面白い話は後程...。

2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-14 07:43 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 13日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-2

薄氷の中で眠る白鳥。
a0104495_11152432.jpg

隣りの田圃では、ドンゴロスの如くに丸まり、眠る白鳥たち。
a0104495_11153843.jpg

「白鳥の郷」を愛する皆さん、寒中、カメラを携え、ご苦労様です。
a0104495_11155039.jpg

かじかむ手も、工夫次第...。
a0104495_1116587.jpg

大給守殿はデジスコを覗いたことがないとのこと。
ちょいと覗かせて戴こうと、少し離れた場所で三脚を立てているミスター・デジスコさんに話し掛けてみました。
鼻水を一筋垂らした、ミスター・デジスコさん曰く、「アメリカ・コハクチョウを狙っているんです。今日は、まだ、二羽しか見掛けていません」。
「アメリカ・コハクチョウ!?」、大給殿と上総、発する言葉が期せずして一致。
「この鳥ですよ」と既に撮った写真をデジスコを通して見せて下さいました。
「ここに居るのは殆どがコハクチョウかオオハクチョウ。どちらも嘴が黄色い。アメリカ・コハクチョウは嘴が黒い。コハクチョウやオオハクチョウの幼鳥の嘴も黒いけれど、これは灰色の羽で識別できます」。
「黒い嘴。よく分かりました」。
漫然とハクチョウを見ていたことを恥じ入るばかりながら、こういうヒントを下さる御仁は誠に有難きもの。
ホントは自慢話めいているときもありますが、素直に、先達はあらまほしきことなり。

今一度、「白鳥の郷」に掲げられた写真で、ハクチョウの種類を確認してみました。
アメリカ・コハクチョウの名はありません。
やはり、先達はあらまほしきことなり。
a0104495_11161917.jpg

あれこれ、ベンキョーしているうちに、ハクチョウたちは、そろそろ、お目覚め。
a0104495_11163257.jpg

ドンゴロスさんたちも、お目覚め。
a0104495_11164661.jpg

「おはよー」。
a0104495_11165982.jpg


フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-13 18:14 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(0)
2010年 02月 13日

『トリ、撮り三昧ポタ』 oks-1

1月16日、再び、本埜村「白鳥の郷」へ。
この日は、大給守殿と共に...。

今シーズンは、隣村のカワイコちゃんにぞっこん、これ、何度も申してきたことにて、ブログもこれをテーマに徹底的に。

朝、幾ら早くても OK との大給守殿の意に沿い、6時57分、JR成田線小林駅着に集合。
さすがに、寒い!
a0104495_22274028.jpg

7時半頃、「白鳥の郷」に到着。
毎朝、来られているんでしょうか、この超望遠さん。
上総は、今年、四度目なんですが...。
a0104495_22275452.jpg

寒いはずです、氷が張っています。
前日に決めた、ポタ時の鼻歌は、吉永小百合さんの「寒い朝」。
ピッタリの選曲でした。
a0104495_2228914.jpg

「白鳥の郷」の水面も、一部分が氷結。
a0104495_22325080.jpg
a0104495_223365.jpg

朝日が昇ってから、1時間足らず。
「白鳥の郷」は、まだ、静けさを保っています。
a0104495_22333987.jpg


フォト:2010年1月16日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2010-02-13 10:31 | トリ、撮り三昧ポタ | Comments(2)