『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2007年 10月 31日

『巴里の自転車事情』

10月13日、香港のホテルで、そろそろチェックアウトと思い、部屋のテレビを消そうとしたところ、『巴里の自転車事情』が始まったので、慌ててカメラを取り出しました。

巴里では、jitenshaは環境に優しいとのことで、レンタルjitenshaを利用する人が増えているそうです。

コインを入れます。
a0104495_21354674.jpg

カードが出て来ます。
a0104495_213649.jpg

オシャレなカードです。
このカードをjitenshaに挿入すると、キーが外れるそうです。
a0104495_21364813.jpg

石畳の坂道を。
a0104495_2137955.jpg

ノートルダム寺院を。
a0104495_21374284.jpg

街角を。
a0104495_2138660.jpg

セーヌ河沿いを。
a0104495_21384253.jpg


セーヌ河沿いの道は、休日には”歩行者天国、jitensha天国”になっているとのことです。
巴里には、仕事や遊びで何度か訪れたことがあります。
ルーブル美術館、壁一杯にモネの描いた睡蓮があるオランジュリー美術館、セーヌ河をはさんで、対岸には旧駅舎を見事に改造したオルセー美術館、懐かしいシーンです。
いつか、セーヌ河畔、石畳の坂道、ノートルダム寺院など、巴里市内をjitenshaで巡ってみたいものです。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-31 21:38 | jitensha
2007年 10月 28日

『可口可楽』

maruchanchiより、『香港/TIMES SQUARE=時代廣場』についての書き込みがありました。
その書き込みは、『可口可楽』を話題とされていましたので、急遽、そのテーマで掲載することとしました。

「北京奥運会」を応援する「可口可楽」です。
オリンピックは、日本では「五輪」、中国では「奥運会」。
2007年10月11日、南通市内にて。
ペプシ・コーラも好きです。
中国では、どういう漢字を当てはめていたかを見たのですが、失念。
「可口可楽」のような、美味しそうな漢字ではなかったように思います。
多分、呑々守殿はご存知でしょう。
a0104495_1011182.jpg


このフォトは、おまけです。
ボトルは、レーザー光線(???)を駆使して、くるくる廻っているように見えるんです。
昨2006年10月某日、紐育/時代広場(New York/Times Square)にて。
a0104495_1014068.jpg


ということで、TIMES SQAREで ”落ち”としました。チャン、チャン...。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-28 10:12 | 飲み物
2007年 10月 24日

"Advertisement"

或るものを買い求めたく、ホテルのレセプショニストに店の場所を尋ねました。
TIMES SQUARE にショッピング・センターがあるので、そこがよろしいでしょう、と。
散歩がてら、TIMES SQUARE へ出掛けました。

"TIMES SQUARE" ...、中文では"時代廣場"...、まさに、その通り。
a0104495_2212151.jpg

”GUCCI”
a0104495_2242137.jpg

エレベーターの セミ・シンメトリー。
朝、早かったので、右端の1台しか動いていませんでした。
このフォトを見ながら、マウスを前後に動かすと、エレベーターに乗りながら、次のフォトに移って行くような感じになります。
a0104495_2265778.jpg

エレベーターの下から眺めた advertisement はこんなのでした。
a0104495_2293451.jpg

その裏側は、こんな advertisement でした。
a0104495_2210198.jpg

「時代廣場」の向かいは、こんな感じの通りです。
これも、”時代”を表しているように思えます。
「銀だこ」の看板が、何故か、新鮮で懐かしい...。
a0104495_22121312.jpg

こんなところに、あの庭球選手が...。
a0104495_221629100.jpg

一文字ずつ読んでると、旨そうなイメージが頭のなかに湧いて来ます。
B級グルメ、大好き...。
a0104495_22183361.jpg

こんなところにも、Wasedaが...。
a0104495_22195710.jpg

乗り物のボディー広告って好きなんです。
唯、余りの美人さに、手振れを起しちゃいました。
a0104495_22214796.jpg

乗り物のボディー広告って好きなんです、パート2。
太鼓を叩く図、私の好きなシンメトリーなんです。
a0104495_2224257.jpg


ショッピング・センターの案内図で、店の場所は判りました。
但し、未だ、オープンしておらず。
案内所で問うたところ、11時開店とのこと。
日本に向かうフライトの都合もあるので、或るものの購入は、次の機会の楽しみとしました。
ホテルまでの帰路、市場風の商店街がありました。
”働く人”と”食材”をカメラに収めました。
それらのフォトは、次回のブログに...(つづく)

フォト:2007年10月13日、香港にて。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-24 22:01 | 旅、旅、旅/いろいろな旅
2007年 10月 23日

『渡船』

長江の渡船に、大いに興味がありました。
乗船待ちのため、大型車、小型車などがレーン別に。
a0104495_22453566.jpg

乗船待ちのとき、隣のレーンの車。
a0104495_22461643.jpg

乗船待ちのとき、隣のレーンの車。
この鶏たち、生きているんです。
運転手が、ときどき、水を掛けているんです。
a0104495_22465789.jpg

乗船開始。
この渡船は、長江を渡る、”常熟と”南通”を結ぶもの。
南通からの常熟への渡船場なので、南通の文字を先にして、”通常汽渡”となっています。
日中を中日、日韓を韓日、早慶戦を慶早戦と言うが如きに...。
a0104495_22472146.jpg

乗船開始。
a0104495_22474816.jpg

a0104495_2248972.jpg

長江下流に、建設中の架橋。
a0104495_2250455.jpg

下船開始。
向こうから来るのは、乗船する車。
何隻もフェリーが並んでいるんです。
a0104495_225186.jpg

ランプウェイと岸壁の取り合いは、こんな感じなんです。
a0104495_22513179.jpg

[PR]

by kazusanokami | 2007-10-23 22:36 | 旅、旅、旅/いろいろな旅
2007年 10月 22日

『香港/竹』

歩道の頭上、工事の足場。
a0104495_22182922.jpg

歩道の横に積み上げられた、足場用の竹。
道路案内の標識は、英語”Hennessy Road"の下に中国語”軒尼詩道”。
標識に、返還後も、”昔の香港” が残っているのが、印象的。
a0104495_22185434.jpg

ビルのメンテ工事でしょうか、看板の架け替えでしょうか、その足場も......。
a0104495_22192031.jpg

ホテル内の装飾も......。
a0104495_22194152.jpg

工事用の足場はホッとしませんが、竹を見ると、何故か、ホッとする今日この頃。

フォト:2007年10月13日、香港にて 。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-22 22:04 | 旅、旅、旅/いろいろな旅
2007年 10月 21日

『印章』

a0104495_2131749.jpg

中国にて、印章を作りし候。
90年代、台湾をよく行脚致し候。
その際、印章の店、有り申し候。
然し乍ら、印章を作ってみようなどという気持ち、起こり得ず候。
後年、義兄、讃岐守殿が書簡に印章が押印されし候。
拙者も、そうした印章を、機会あれば、作り度く思いし候。
a0104495_21313075.jpg

糸偏の糸車、いと、お気に入りに候。
”歩録”には、如何にして押印致せば、宜しいやら...。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-21 21:29 | 旅、旅、旅/いろいろな旅
2007年 10月 20日

『帯』

中国行脚、二日目、所用を済ませ、旅籠に戻り、椅子に座りて、本国へ携帯糸電話。
携帯糸電話での用向き、終え、椅子から立ち上がろうとせば、何、此れ、ありゃ、...。
久方ぶりに生じし、腰痛で御座った。
歩駄で鍛えし、此の身体(?)も、行脚中の重たき行李に耐え兼ねて、か...。
翌朝、当藩上海奉行所与力CK殿に、腰痛帯をば、売りおる店に案内戴き候。
a0104495_1836576.jpg
a0104495_18364040.jpg


”経立通”なるブランドの”遠紅外護腰”を買い求めし候。
早速、この腰帯をば、腰に締めると、”遠紅外”の効用か、ウン、ウン、いいぞ、いいぞの感触。
上海奉行所CK殿に深謝、謝謝に候。

フォトは、”遠紅外護腰”の箱、表と裏面。
表には、”遠紅外護腰”の文字が、達筆な、三種の字体にて書かれおり候。
此の字体、気に入り候。
因みに、拙者の印籠には、何時も、”蛮手麟”が...。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-20 23:53 | 旅、旅、旅/いろいろな旅
2007年 10月 16日

『上海蟹を楽しみ候』

9月中旬、上海を外遊中の摂津守殿、御自身のブログ『摂津守参上!”』、9月18日00:16付に、”上海蟹”のフォトと共に、上海の様子を速報なさりし候。

拙者、10月9日より13日まで、藩命により、上海、南通、香港を訪れし候。
摂津殿のブログに掲載されし、いと、旨きが如き上海蟹の姿が目に浮かび、上海にて此れを食し候。
「雌雄、いずれを」、「いずれが...」、「今は、雌がお薦め。雄は、もう二、三週間あとが食べ頃」、「では、雌を」との会話を交わし候。
美味で有りたことは申すまでも無き事に存じ候。
a0104495_16193195.jpg

2007年10月11日、「王寶和酒家」にて。
店の名の周りに散りばめられし、”蟹大王酒祖宗”、”菊花蟹筵”などの文字が、上海蟹の濃厚な味と共に印象的で御座った。

案内下された当藩上海奉行所与力CK殿への御礼を此処に申し添え候。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-16 06:39 |
2007年 10月 15日

『ホテルの窓からの眺め』

藩命により、上海、南通(ナントン)、香港を行脚。

上海のホテルからの、早朝の眺め。
ホテルの従業員による国旗など四旗、掲揚の図。
私の好きな、”働く人”の図
a0104495_15483774.jpg

南通のホテルからの市内の眺め。
モダンな建物が水面に映るの図。
モダンな町並みなるも、水に橋など、何やら水墨画を思わせる雰囲気。
a0104495_15492656.jpg

香港のホテルからの眺め。
遠く、客船を眺むるの図。
a0104495_15494921.jpg

このフォトを見ながら、マウスを前後に動かすと、自ら、ビルの谷間を飛んでいるが如き感じに...。
a0104495_15501197.jpg


南通は田舎と言われる人もおられるが、なんの、なんの、それは上海に比べてのような町。
上海は、真新しい服なるも、まだ、体に十分馴染んでおらぬ服のような町。
上海から香港に飛んだせいか、香港は少々着古した服なるも、体に馴染んだ着心地のような町。

フォト:2007年10月10日、11日、13日撮影。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-15 06:32 | 旅、旅、旅/いろいろな旅
2007年 10月 14日

『武相荘』

親しくして戴いているKMTご夫妻から、「武相荘(ブアイソウ)」に参りませんかとのお誘いがあり、ワイフ共々(というようりも、ワイフにくっついて)、9月6日、小田急線で玉川学園へ。
玉川学園駅そばの”MAHALO CAFE"でランチを戴いたあと、「武相荘(ブアイソウ)」へ。
「武相荘」は、終戦直後、憲法草案でGHQと渉りあった、あの白洲次郎さん邸です。
”歴史徘徊病”の小生としましては、非常に興味深いものでありました。

a0104495_18453281.jpg
a0104495_18455749.jpg
a0104495_19284835.jpg
a0104495_19294534.jpg
a0104495_19325410.jpg
a0104495_1933519.jpg
a0104495_19342454.jpg
a0104495_19344756.jpg


帰路、KMT邸にてお茶とケーキ、果物を頂戴しながら、11月初めにプランしている紅葉狩りのあらましを打ち合わせし、帰途につきました。

フォト:
2007年10月6日、武相荘(町田市在)にて。
邸内は、丁度品、書籍などが雰囲気よく整えられていましたが、残念ながら、撮影禁止。
maruchanchi風に、モノクロにしてみました。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-14 19:56 | 名所旧跡