<   2008年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2008年 09月 30日

『風景/アヤソフィアの窓』

a0104495_236957.jpg

フォト:2008年8月12日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-30 19:45 | トルコの旅 | Comments(4)
2008年 09月 29日

『風景/格子のある窓』

a0104495_2038816.jpg

フォト:2008年8月11日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-29 23:32 | トルコの旅 | Comments(4)
2008年 09月 28日

『風景/ふたつの窓』

a0104495_11242952.jpg

フォト:2008年8月7日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-28 22:52 | トルコの旅 | Comments(2)
2008年 09月 28日

『風景/gate 三景 』

a0104495_2050470.jpg

a0104495_2029544.jpg

a0104495_2033401.jpg

フォト:2008年8月10日、11日、12日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-28 22:50 | トルコの旅 | Comments(2)
2008年 09月 28日

『風景/Efes XIIの扉』

a0104495_1154724.jpg

フォト:2008年8月8日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-28 09:40 | トルコの旅 | Comments(0)
2008年 09月 27日

『風景/鉄塔』

風景を撮る際、時として、鉄塔や電柱、電線は邪魔になることがあります。
しかし、これを被写体として捉えるなら、見事な造形と感じるのは私だけでしょうか...。
a0104495_2057243.jpg

a0104495_2054487.jpg

これはオマケです。
a0104495_2125841.jpg

フォト:2008年6月7日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-27 16:44 | 風景 | Comments(0)
2008年 09月 26日

『風景/或る町kb 』

a0104495_20352738.jpg

a0104495_20354378.jpg

朝な夕な、散歩の途中で同じところを撮り溜めるのも一興かと...。

フォト:2008年6月30日、7月1日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-26 20:07 | 或る町kb | Comments(1)
2008年 09月 25日

『風景/或る町kb 』

a0104495_20273580.jpg

a0104495_20281924.jpg

a0104495_2029524.jpg

a0104495_20305366.jpg

フォト:2008年6月30日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-25 20:34 | 或る町kb | Comments(4)
2008年 09月 24日

『謹呈』

イスタンブールで、こんなシーフード・レストランがありました。
その店先の溝は、こんな蓋でした。
”マンホール蓋”研究家、settunokami殿にマンホール蓋/亜種の参考として謹呈申し上げます。
a0104495_2039749.jpg

a0104495_20362171.jpg

フォト:2008年8月12日
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-24 21:07 | トルコの旅 | Comments(2)
2008年 09月 23日

『トルコの旅/イスタンブール/同好の士』 t-25

アヤソフィア聖堂を最後に今回の旅を、そして、フォト三昧を終え、カメラをバッグに仕舞いました。
ところが、アヤソフィア聖堂前の車と人混みの中にいるではありませんか、”同好の士”が。
慌ててカメラを取り出し、構図も決まらぬままにシャッターを切りました。
a0104495_2029593.jpg
a0104495_20301273.jpg

同好の士はアヤソフィア前を出立し、何処かへ...。
私も、この日の午後のフライトで帰国の途に...。

フォト:2008年8月12日

<トルコの旅/完>

=あとがき=
旅から戻った後、1ヶ月余、ブログ掲載で二度目の旅を楽しみました。
古代オリエント、ギリシア、ローマ、ビザンチン、イスラムなど数々の文明文化が織り成す歴史を楽しみ、また、パムッカレ、カッパドキアの奇観、ボスポラス海峡、マルマラ海、エーゲ海沿岸やアナトリア高原のオリーブ、ひまわり畑、野菜畑、荒涼とした土地、更に街角などの風景を堪能できた国、トルコでした。
史跡や風景もさることながら、最も印象的なものは、トルコ石と空の青さでした。
英国の名窯ウェッジウッドにフロレンティーン・ターコイスの名を持つ陶磁器があることからしても、この青さは誰もが憧れる色かもしれません。
ブログ掲載中に、諸氏から数々のコメントを頂戴し、また、摂津守殿のコラボ掲載も登場し、より一層楽しめましたこと、御礼申し上げます。
[PR]

by kazusanokami | 2008-09-23 16:16 | トルコの旅 | Comments(2)