『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2010年 08月 31日

『青梅散策/原題と邦題』


a0104495_6145722.jpg

いつぞや、呑々守殿と「最近の洋画の邦題は原題をカタカナに置き直すような安直な題名が多過ぎる。例えば、パイレーツ・オブ・カリビアン。配給会社の怠慢かな。『カリブの海賊』というよりも『パイレーツ・オブ・カリビアン』の方が今様なのかもしれないが...。因みに、昔、『カリブの海賊』という映画を見たような気もする...」というような話をしたことがある。

先般、久し振りの青梅散策で、懐かしい映画の看板の数々を眺めた。

冒頭の掲載フォトに見える通り、「終着駅」の原題は"Terminal Station"である("Stazione Termini"のイタリア語の原題もある)。
今であれば、邦題は「ターミナル・ステーション」となるのかもしれないが、やはり、「終着駅」の方が雰囲気がある。
それは、名画として「終着駅」という題名が聞きなれたものになっているということからだけではないだろう。

青梅市内を散策しながら、映画の看板に書かれた原題を見ていくと、「大いなる西部」は"The Big Country"、「失われた伝説」は
"The Legend of the Lost"、原題を尊重しながら上手く邦題を付けたものだと感心するばかり。

「哀愁」の看板もあった。
原題は"Waterloo Bridge"。
この橋はロンドンにある橋だ。
今なら邦題は「ウォータールー・ブリッジ」と付けられるところであろうが、「哀愁」は原題とは全く懸け離れた邦題なるも、この題名なら日本人の琴線に触れること、間違いなしである。
配給会社の苦労が偲ばれる。

「橋」で思い出す映画に、「戦場にかける橋」もある。
a0104495_6165615.jpg
この映画の看板は、今回の青梅散策では見掛けなかったが、2年前に見た看板がこれだ。
原題は"The Bridge on the River Kwai"。
「クワイ河の橋」、或いは、「クワイ河にかかる橋」では迫力がない。
映画のストーリーを加味し、且つ、原題を尊重した、よき邦題だ。

話は反れるが、サイモン&ガーファンクルの名曲「明日に架ける橋」(原題"Bridge over Troubled Water")も見事な邦題だ。
この邦題を考えた人は映画「戦場にかける橋」をヒントにしたのかもしれない。
なお、映画では平仮名で「かける」、歌では漢字で「架ける」となっている。

筆者の好きな映画のひとつにアラン・ドロン主演の「太陽がいっぱい」(原題"Plein Soleil")がある。
これはパトリシア・ハイスミスの小説「才人リプリー」(原題"The Talented Mr. Ripley")を映画化したもので、1960年の作だ。
近年では、同じ原作で、1999年のマット・デイモン主演「リプリー」(原題""The Talented Mr. Ripley"")がある。
原作は同じながら、映画の結末は全く異なり、「太陽がいっぱい」の衝撃的なラストシーンからして、「太陽がいっぱい」が好きだ。
おっと、本ブログは映画評論ではなく、「原題と邦題」であった。
「太陽がいっぱい」の原題"Plein Soreil"は、直訳すれば「いっぱいの太陽」。
それをひっくり返し、「太陽がいっぱい」と名付けた邦題も絶妙である。

イアン・フレミングのスパイ小説を原作とする「007シリーズ」の邦題には面白い歴史がある。
シリーズ第1作の原題は"Dr. No"だが、邦題は「007は殺しの番号」であった。
原題通り、邦題が「ドクター・ノオ」であったなら題名を見ただけでは何のことか分からなかったであろうが、邦題の「007は殺しの番号」は、ショーン・コネリー扮する英国情報部員ジェームズ・ボンドが「007」のコードネームを持ち、殺人許可証を与えられていることを見事に表している。
シリーズ第二作の原題は"From Russia with Love"だが、邦題は「007 危機一発」であった。
「危機一発」の「発」は「髪」であろうとの物議を醸したこともあったが、「危機一髪」より「危機一発」の方が「007」の雰囲気をよく出しているように思え、これも配給会社の苦労、工夫が偲ばれる。
因みに、後年、第一作と第二作がリバイバル公開されたときには、「007 ドクター・ノウ」、「007 ロシアより愛をこめて」と、原題に準じたものとなった。
これは、「007 ゴールドフィンガー」(原題"Goldfinger")、 「007 サンダーボール作戦」(原題"Thunderball")、「007は二度死ぬ 」(原題"You Only Live Twice")、 「007 ダイヤモンドは永遠に」(原題"Diamonds Are Forever" ) など、シリーズを重ねるに従って、この映画の知名度が上がったことによるものだろう。

シルベスター・スタローン主演の「ランボー・シリーズ」の題名にも面白い逸話がある。
第一作の原題は"First Blood"だが、邦題は「ランボー」であった。
後に米国側では第一作の題名を"RAMBO: First Blood"に改めたとのことで、第二作以降も"RAMBO:First Blood Part II"(邦題「ランボー 怒りの脱出」)、"RAMBO III"(邦題「ランボー 怒りのアフガン」)と原題は"RAMBO"を使っている。
因みに、第三作から20年後の2008年に作られた「ランボー 最後の戦場」の原題は"RAMBO"で、第一作の邦題「ランボー」に"先祖返り"している。
日本の配給会社が考えた邦題が本家に大きく影響を及ぼしたことととなる。

冒頭、邦題「パイレーツ・オブ・カリビアン」は配給会社の怠慢と言ったが、では、あのミュージカル映画の名作「サウンド・オブ・ミュージック」も原題をカタカナで置き直したものであり、これも配給会社の怠慢かと仰る御仁もおられよう。
邦題が「音楽の響き」、「歌の響き」、或いは、「ドレミの歌」では気分が出ないし、「トラップ家物語」ではミュージカルっぽくない。
日本語の抑揚のない言い方ではなく、英語風に抑揚をつけて「サウンド・オブ・ミュージック」を声に出して言ってみると、やはり、原題をカタカタに置き直した邦題が最良ということとなろう。

映画を観るのも楽しい、洋画の原題と邦題を見比べるのも楽しい、映画ってホントにいいですね。

フォト:2010年8月21日/2008年10月25日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-31 22:55 | 青梅の旅
2010年 08月 30日

『伝説/烏天狗』

四国八十八箇所霊場第八十一番札所「白峯寺」(香川県)の境内に烏天狗の石像がある。

a0104495_23513496.jpg

何故、この寺に烏天狗の像があるのだろうと、上総得意(???)の"なぜなぜ問答"が頭を過ぎり、wikipedia等を紐解いてみた。

1156年(保元元年)、保元の乱で後白河天皇(後の法皇)に敗れた崇徳上皇は、讃岐に流刑となった。
崇徳上皇は流刑生活の中で五部大乗経(法華経、華厳経、涅槃経、大集経、大品般若経)の写本作りに専念し、戦死者の供養と反省の証しとして写本を京の寺に収めて欲しいと朝廷に差し出したが、後白河法皇に呪詛の念が込められているのではないかと疑われ、写本は讃岐に送り返された。
これに怒った崇徳上皇は、舌を噛み切り、その血で写本に「日本国の大魔縁となり、皇を取って民とし民を皇となさん」、「この経を魔道に回向(えこう)す」と書き込み、後に生きながらに天狗になったと言われる。
因みに、「魔縁」とは「天狗」の異称。「皇を取って民とし民を皇となさん」は「古来より連なる万世一系の国体を覆さん」との強い怨念を表した言葉だ。

1164年(長寛2年)、崇徳上皇が流刑地の讃岐で没した際、慰霊のために陵墓近くに頓証寺が建立され、これが現在の白峯寺になったとされる。

これにて、白峯寺に烏天狗の像がある訳が判明した。

フォト:2010年5月5日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-30 23:55 | 伝説
2010年 08月 30日

『天狗のいる風景』

a0104495_5461138.jpg
a0104495_5463581.jpg
a0104495_5465393.jpg
a0104495_5471424.jpg
a0104495_5475316.jpg

関東は、関西に比べ、田植えの時期、実りの時期、刈り入れの時期が少し早い。
8月には案山子が登場。
烏天狗、大天狗、薩摩島津家侍、アーバンボーイ等が実りの米を守る。
夏休み、早朝ポタで出遭った風景である。

フォト:2010年8月7日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-30 06:23 | 風景
2010年 08月 28日

『風景/18:03 p.m.』

夕暮れポタに出掛けた。
昼間の暑さとは打って変わって、涼しさを感じる。
手賀沼東端の曙橋に差し掛かるとカメラマンの列。
曙橋は夕日のスポットだ。
西の空は雲が湧き上がり、夕日は見えない。
a0104495_22141779.jpg

日が沈むにつれて、一瞬、雲間から夕日が現れた。
a0104495_22154330.jpg

時計を見ると、午後6時3分。
日没の時刻は随分と早くなった。
猛暑が続く毎日だが、秋は確実に近づいている。

フォト:2010年8月28日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-28 22:43 | 風景
2010年 08月 28日

『青梅散策/ふたつの"鉄道員"』

a0104495_0475664.jpg

JR青梅駅のコレクション。
1956年作と1999年作の、ふたつの「鉄道員」。

フォト:2010年8月21日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-28 01:06 | 青梅の旅
2010年 08月 26日

『青梅散策/総天然色』

a0104495_17402764.jpg

「総天然色」。
誰が考えた言葉かは不詳なるも、この言葉には、何とも懐かしい響きがある。
その昔、映画はモノクロが普通で、カラーは正月映画や超大作に使われ、「総天然色」の言葉と相俟って、カラー作品は、殊の外、豪華に思えたものだ。

長らく、ポスターには「総天然色」の言葉が使われていたが、1960年代後半か70年代に入ってからであろうか、「カラー作品」という書き方に変わり、そのうちに、カラーが当たり前という時代になり、ポスターには何も書かれなくなった。

今や、映画はカラーが主流の時代ではあるが、作り手の意図を表現する手法として、モノクロ、あるいは、場合によってはパートカラーが選択されることもある。

因みに、幼き頃、子供の口では「総天然色」は言い難かったのか、「天然色」あるいは「色つき」と言っていたように記憶する。

フォト:2010年8月21日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-26 23:37 | 青梅の旅
2010年 08月 24日

『多摩川上流盛り沢山ポタ』

8月21日、大給守殿と共に「青梅散策、御岳渓谷ポタ」に出掛けた。

青梅で板観画の映画看板を楽しむ。
a0104495_827545.jpg
青梅の映画看板を楽しむのは、一昨年の秋以来のことである。
数多くの映画看板が掲げられた市内の風景に変わりはないが、掲げられている看板は場所によって入れ替えがされているようだった。

青梅街道沿いの裏道を走り、和田橋から、多摩川右岸へ渡る。
暫く、吉野街道沿いの裏道を走った後、吉野街道を走る。
ダンプカー、多し。

万世橋手前で、後ろを振り向くと、大給殿の姿が見えない。
暫くすると「形の良い門があったので」と、万世橋に到着。
a0104495_8272649.jpg

万世橋を渡る。
御岳渓谷を吹く涼風が心地よい。
a0104495_8274763.jpg
a0104495_828780.jpg

青梅線/古里(こり)駅で休憩。
木造駅舎の木の香りが清清しい。
a0104495_8283070.jpg

古里から多摩川左岸の青梅街道を走り、青梅に戻ることにした。

昼餉は蕎麦と思い、事前に「きむら」、「きり山」、「ぎん鈴」、「玉川屋」の名を調べていた。
「きむら」は吉野街道沿いにあった。
「きり山」、「ぎん鈴」は、青梅街道沿い、古里駅から御嶽駅に下る間にあったが、遣り過ごした。
御嶽駅で「玉川屋」の場所を教えて貰った。
a0104495_8284910.jpg
a0104495_829777.jpg

玉川屋は、御嶽駅近く、青梅街道から少し横道に入ったところにあった。
a0104495_8293079.jpg

青梅から古里までの往路、吉野街道は上流に向かっての走行なので、上り坂基調なるも、一箇所だけ下り坂あり。
古里から青梅への復路、青梅街道は下流に向かっての走行なので、下り坂基調なるも、吉野街道同様、一箇所だけ上り坂あり。
青梅街道はダンプカーが少なく、吉野街道よりは走り易い。

青梅に戻り、時計を見ると、まだ、12時半過ぎ。
走行距離はまだ30km少々。

前々日、八王子あたりでゲリラ豪雨があったとのことで、御岳渓谷ポタで天然シャワー以上のものには遭いたくないなあとの大給殿の言葉もあり、青梅散策のあと、タマサイ(多摩川サイクリングロード)を走るのもよいなとの代案も持っていたことでもあり、急遽、番外ポタとして、タマサイも走ることにし、青梅からタマサイの起点/羽村堰に向った。

涼風が吹く、羽村堰。
a0104495_8294732.jpg
何れ、玉川上水のことを綴りたいと思っていたところであったので、その"取材"の一環で、玉川上水の取水口や玉川上水を築いた玉川兄弟像をカメラに収めた。

羽村堰からタマサイの中間近くの関戸橋まで走る。
タマサイも、青梅の映画看板同様、一昨年の秋以来のことである。
a0104495_830039.jpg
a0104495_831137.jpg

多摩川の奇勝、6000万年前の地層も健在だ。
a0104495_8312089.jpg

関戸橋からタマサイを外れ、府中本町駅まで走り、駅前で"反省会"。
大給守殿より「青梅街道を更に上流方面に走り、峠を越え、甲州塩山までのポタもよさそう」との提案あり。
また、後日、「峠近くには大菩薩峠あり。大菩薩峠と言えば、中里介山の小説。中里介山は精米業者の次男で、羽村堰近くの水車小屋で生まれた。ということで、このコースを走れということかもしれませんね」との電子飛脚便が到来。

青梅では映画「大菩薩峠」の看板(これは東映/片岡知恵蔵主演のものではなく、大映/市川雷蔵主演のものであった)を観たことでもあり、大給守殿からの情報とも相まって、今回のポタと「青梅街道峠越え、甲州塩山に至るポタ」は、何やら、因縁めいたものになりつつある。

青梅街道を走って行けば、甲斐国へ。
道は何処までも続くのである。
a0104495_8313857.jpg

府中本町駅から輪行にて帰宅。
走行距離約67km、青梅散策、御岳渓谷+番外"タマサイ"ポタの「多摩川上流盛り沢山ポタ」であった。

フォト:2010年8月21日
フォト#2、#3:大給守殿提供
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-24 19:11 | 多摩川ポタリング
2010年 08月 23日

『青梅散策/となりの...』

a0104495_21202232.jpg
a0104495_21203842.jpg

喫茶室「となりのレトロ」、この町の茶房に相応しい、グッド・ネーミングだ。
しゃがんでいるのは、トトロかと思うも、開店準備をしている娘さんだった。
向かいの建物に掲げられた映画の看板が茶房の窓に映る。
ヒチコックの名作「鳥」と、フィギュア・スケートの高橋大輔選手の演技で、今もそのテーマ音楽が流れるイタリア映画の名作「道」だ。

フォト:2010年8月21日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-23 21:33 | 青梅の旅
2010年 08月 23日

『青梅散策』

8月21日、青梅を訪れた。
2008年の秋に訪れて以来のことである。
映画の看板を眺めながら、二年前のことが蘇る。
a0104495_0101686.jpg
a0104495_2232615.jpg

a0104495_026881.jpg
a0104495_0264914.jpg

a0104495_0272571.jpg
a0104495_0302190.jpg

町の雰囲気は何も変わっていない。
しかし、「ローマの休日」は「哀愁」に、「キリマンジャロの雪」は「リオ・ブラボー」に、そして、「丹下左膳」の看板は何処かへ。
ひょっとしたら、秋津街道の角に掲げられていた「丹下左膳」がそれかもしれない。
こうした「間違い探し」ならぬ「入れ替え探し」をするのも、この町の楽しみ方のひとつかもしれない。

フォト:2010年8月21日/2008年10月25日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-23 00:32 | 青梅の旅
2010年 08月 20日

『涼を求めて』

a0104495_22221522.jpg

風見鶏ならぬ風見兎が涼風を教えてくれた。

フォト:2010年8月9日
[PR]

by kazusanokami | 2010-08-20 22:25 | 旅、旅、旅/いろいろな旅