『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 44 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 29日

『心象風景/シベリウス 交響曲第7番』

a0104495_23415837.jpg


フォト:2011年11月26日 16:42
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-29 23:42 | 心象風景
2011年 11月 29日

『風景/しるえっと』

a0104495_23371276.jpg


フォト:2011年11月26日
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-29 23:37 | 風景
2011年 11月 29日

『心象風景/ばるびぞん村のビオトープ』

a0104495_6422290.jpg


フォト:2011年11月26日
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-29 06:42 | ばるびぞん村
2011年 11月 29日

『心象風景/ばるびぞん村 Part III 』

二週間まえの「ばるびぞん村」。
トラクターのある風景がお気に入りであった。
a0104495_65129.jpg

二週間後、トラクターは消え失せていた。
a0104495_6174362.jpg
収穫の季節,、秋を終え、冬に向かいつつある「ばるびぞん村」であった。

フォト#1:2011年11月13日12:01
フォト#2:2011年11月26日15:23
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-29 06:28 | ばるびぞん村
2011年 11月 28日

『鳥見/ひさかたぶりに』

a0104495_173875.jpg
a0104495_175340.jpg

ポタリングの途中、以前は、手賀沼南岸で、杭から杭へと飛び、途中、ホバリングする姿を、手賀沼公園ボート乗り場近くの杭に止まる、夕陽を背にしたシルエット姿、手賀川の杭に止まる姿など、何度か、カワセミの姿をカメラで捉えたことがあります。

今年は、北柏ふるさと公園では、しばしば、カワセミに遭遇しています。
しかし、大体は、jitensha で園内に入った途端のことで、カメラで捉える機会はありませんでした。
カワセミが飛び去ったあと、しばらく、待てばよいのですが、小生は、jitensha を駆っての「狩猟民族」。
一箇所に留まることなく(留まることが出来ない性分でもあります)、次に移動するので、シャッター・チャンスはないままに、でありました。

この日も、jitensha で園内に入り、カメラを取り出し、池に近付いた途端のことでした。
先ずは、シャッターを、と切りました。
写っているのか、そうではないのか、自宅へ戻り、PCで確認したところ、何と、フォトの真ん中に写っているじゃありませんか。
で、オリジナルの大画面をトリミングして、遊んでみました。

フォト:2011年11月26日、北柏ふるさと公園にて
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-28 01:23 |
2011年 11月 27日

『鳥見/教えられたり、教えたり』

或る土曜日の午後、jitensha に跨り、手賀沼を一周。
いつもの通り、先ず、北柏ふるさと公園へ。
二人の子供連れのママと、一人の子供連れのパパの、二家族さんが池の鳥たちと遊んでいました。
a0104495_7395627.jpg
「ママァー、何か、大きい鳥が一羽、いるよ」とお嬢ちゃん。
「何という名の鳥なんでしょうね」とママ。
「えーっ、あれは、エジプトガンというんですよ」と、お節介、上総。
「エジプトガン?!」。
「そう、エジプトガンです。その名の通り、アフリカにいる鳥のようです」。
「そんな鳥が、何故、ここにいるのでしょうか」。
「渡りのときに、間違って、別の群れに入ってしまったということがあるかもしれません。
でなければ、誰かが飼っていたものが逃げたとか、逃がしたとか、そういうこともあるしょう」。
「そんなことがあるんですね」。
「この鳥は、結構、長く、この池にいます。カモたちを、友だちだと思っているようです」。
ここで、お嬢ちゃんが反応しました、「おともだち、なんだって」と、嬉しそうに。

手賀沼を逆時計回りで走り、「水の館」近くで一服。
この辺りも、人と水鳥が戯れるのに絶好の場所です。
パパとママ(ママは、写真には写っていません)、坊やと肩車の赤ちゃん連れの家族さんも鳥たちと遊んでいました。
a0104495_7401380.jpg
「ママァー、これ、なんていう鳥?」と坊やくん。
「ママは、ハクチョウしか、分からないわ」とママ。
「ええーっと、いっぱい、いるのは、オナガガモです。尻尾がピンと長いので、オナガガモという名前がついたんでしょう。大きのがオスで、茶色の、小さめのがメスです」と、お節介、上総。
「黒いのは、何という鳥ですか」。
「オオバンです。abk市の、市の鳥になっています。真っ黒ですが、眉間に一本、白い線が入っているでしょう、あれが、この鳥の特徴です。目は赤、脚は緑で、水掻きの代わりに、指が幅広なんです。ちょっと、変わった水鳥です」。
坊やくんは、最早、鳥の名前なんて全く無関係、水鳥たちに、餌の代わりに、赤ちゃんのおやつ「ミルクボーロ」をやるのに夢中でした。

翌日の日曜日も、jitensha に跨り、手賀沼を一周。
前日と同様に、逆時計回りで。

手賀沼南岸、大津川に架かる「ひどり橋」で、バードウオッチングの一行に遭遇。
毎月第二土曜に催されている「手賀沼定例探鳥会」、通称「てがたん」の皆さんであろうか。
「はーい、カワセミを見たい方は、こちらのフィールド・スコープですよー」と、リーダーが。
すると、「はーい、ミサゴを見たい方は、こちらのフィールド・スコープですよー」と、もう一人のリーダーが。
a0104495_7403610.jpg
「カワセミが飛び込んでは枝へと、せわしく、動いていますね」。「余り、餌獲りの上手くない、カワセミかもしれませんね」。
「ミサゴの白い胸に血がついているようですね」。
「餌を食べたばかりかもしれませんね」。
フィールド・スコープを覗いている人、次に待っている人たちの間での会話が聞こえて来ます。
a0104495_7405426.jpg
「あのー、部外者なのですが、見させて貰ってもいいでしょうか」と上総。
「どうぞ、どうぞ。カワセミも、ミサゴも、ゆっくりと、見てやってください」とリーダーのお方。
「これは凄いですね。フィールド・スコープは、二、三度、覗かせて貰ったことはあるんですが、こんなに遠くの鳥を見たのは初めてです。ミサゴに至っては、ミサゴと意識して見るのは初めてのことです」と、上総、こーふん気味にくっちゃべる。
更に続けて、「これって、最初、双眼鏡で確認して、それから、フィールド・スコープで、となるんですか」と、次は質問。
「自分たちは、居場所を知っているんで、フィールド・スコープで、その場所をぐるっと見渡し、鳥がいたら、そこに照準を合わせるんですよ」と。
「ちょっと、私のカメラで覗いてみます」。
a0104495_7411569.jpg
a0104495_7412753.jpg
フィールド・スコープでは、大津川が手賀沼に流れ込むあたりの、左側にある潅木の枝に、カワセミが、そして、その枝の隙間の向こうに、杭に止まる、ミサゴが見えたのですが...。
「駄目ですね。余りにも遠くて、鳥の姿など、全く、見えません。これで、決心しました。フィールド・スコープ、買います!」。
「私はフィールド・スコープだけで、写真は撮らないんですが、撮ってみたいと、いつも、思っています。小学校の生徒たちにも野鳥観察の指導をしていまして、フィールド・スコープにカメラをくっつけて、写真を撮る子供もいまして、先生、撮れました、と見せてくれるんですが、ピンボケです。私は、カメラを買うことにします!」。
上総はフィールド・スコープを、探鳥会のリーダーはカメラを購うことを宣言。
お互い、顔を見合わせ、大笑い。

手賀沼を逆時計回りで走り、前日と同様に、「水の館」近くで一服。
「あの鳥は随分と怖い顔をしていますね」、「ほんと、ほんと」と、おっちゃんとおばちゃんの一行が交わしている会話が耳に入りました。
a0104495_1615310.jpg
怖い顔、で済まされては、あの鳥が可哀そう。
で、お節介、上総の登場です。
「あの鳥はバリケンというんです。南米にノバリケンという名のカモがいて、それを家禽にしたのが、このバリケンです。日本では食用になり得なかったようです。この辺りに、何羽かいます。顔は怖そうですが、随分と大人しい鳥です。じっと見ていると、カモの顔になって来るでしょう」。

人間さまの、そんな会話はお構いなし、バリケンは、いつも通り、悠々と泳いでいました。

教えられたり、教えたり、それは、ポタリングの楽しみのひとつでもあります。

フォト#1、#2:2011年11月12日
フォト#3~#6:2011年11月13日
フォト#7:2010年2月14日付掲載「羽ばたくバリケン」より抜粋
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-27 23:59 |
2011年 11月 27日

『お見合い風景』

ねぎ畑の風景を撮っていたところ、ハクセキレイさんの、お見合いに遭遇。
a0104495_6472013.jpg
ハクセキレイさんの飛び方は上下に動きながら、歩き方はチョ、チョ、チョ、チョと、落ち着きがありません。
そういうこともあってのことでしょうか、このお見合いは、上手くいかなかったようです。
a0104495_6474295.jpg
しばらく、jitensha を走らせると、今度は、コサギさんとカワウさんの、お見合いに遭遇。
a0104495_6481668.jpg
コサギさんもカワウさんも、いつも、じっと、杭の上に留まっている、比較的、落ち着きのある鳥です。
お見合いの結果は、さて、どうだったのでしょうか...。

フォト:2011年11月26日、手賀沼サイクリングロード沿いにて
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-27 08:04 |
2011年 11月 26日

『風景/ポタリングな、1日の夕暮れ』

a0104495_18331939.jpg

朝10時過ぎ、自宅を出発。
手賀沼と手賀川をポタリング。
風景写真を撮ったり、お気に入りの景色のところでは jitensha を止めて眺めたり、駄句を捻ったり、双眼鏡で鳥見をしたり、
鳥見中の関西の友とメールで実況中継をし合ったり、見知らぬ人と歓談したり、そして、最後は、夕陽と、目一杯、遊んで...。
自宅に戻ったら、夕方5時過ぎ。
平均時速、約6km、まさに、ポタリングな1日であった。

「ひはしずみ なごりをうつす てがのうみ」 霹靂火

フォト:2011年11月26日、手賀沼公園にて
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-26 22:17 | ポタリング
2011年 11月 26日

『心象風景/コンチネンタル・タンゴの聴こえる空』

a0104495_18581244.jpg


フォト:2011年11月23日、西印旛沼にて
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-26 17:32 | 心象風景
2011年 11月 26日

『心象風景/1888年のラングロワ橋』

a0104495_195053.jpg


フォト:2011年11月23日、西印旛沼にて
[PR]

by kazusanokami | 2011-11-26 17:31 | 心象風景