タグ:ホテイアオイ ( 2 ) タグの人気記事


2012年 07月 30日

『ホテイアオイ 』

a0104495_15413790.jpg

7月半ば、「maruchanchi の写真日記」で、水鉢に咲いた、一輪のホテイアオイを楽しんだ。
数年前に見た、手賀沼フィッシングセンターで群生しているホテイアオイのことを書き込んだ。
数年前のマイ・ブログ「ホテイアオイ」に《ホテイアオイ》のタグを付けてみた。
数日後、手賀沼夕暮れポタで、フィッシングセンターに立ち寄ってみた。
数年前に群生していた、大きなコンクリート製の水槽は廃墟になっていた。
何処か別の場所に咲いているのではないかと探してみた。
あった!
小さな水槽ではあるが、群生していた。
色は可憐だが、群生は逞しく見える。

フォト:2012年7月18日
[PR]

by kazusanokami | 2012-07-30 06:11 | | Comments(2)
2007年 10月 06日

『ホテイアオイ』

ホテイアオイの花。。
a0104495_742542.jpg
a0104495_743294.jpg
a0104495_743517.jpg
a0104495_7441385.jpg

手賀沼公園そば、葉茶や「春芳園」さんの布袋様。
a0104495_7475610.jpg


9月24日、早朝ポタで手賀沼を周遊。
フィッシング・センターそばで、ホテイアオイの花を見ました。

ホテイアオイは、手賀沼の浄化に一役買った植物です。
ホテイアオイは、よく見掛けますが、花は初めてでした。

フィッシング・センターの御内儀と思われる方と、しばし、会話。
「ホテイアオイの花を見るのは初めてです」
「花の期間は短いです。大勢の方が写真を撮りに来られます。プロのカメラマンさんですか」
「いやいや、毎週、カメラを携え、自転車で手賀沼周遊を楽しんでいる一介のサラリーマンです」

以前、何処かで、こういう会話を交わしたことがあったなあと、ふと、そうしたことが頭を過ぎりました。

忠臣蔵、赤穂浪士を趣味としている私は、数年前の或る日、大石内蔵助殿が蟄居していた山科・岩屋寺を訪ねたことがありました。
御住職の御内儀と思われる方に「大石殿は、どの道を辿り、伏見・撞木町に通ったのでしょうね」と尋ねました。
「おたくさんは、学者はんですか。先程からメモを取ったり、写真を撮ったりされていたので」
「いやいや、忠臣蔵、赤穂浪士を趣味としている、一介のサラリーマンです」
「内蔵助はんが、どの道を通られたかはわかりまへんけど、伏見・撞木町は郵便局の直ぐそばです」
礼を述べ、伏見・撞木町へと歩を進めました。
当時は、jitenshaではなく、okachiでのポタリングでした。

”山科から伏見の旅”は、拙著「赤穂浪士、討ち入り凱旋の旅」<前編><後編><番外編>に続く、<続・番外編>で、いずれ、記すことになるでしょう。

ホテイアオイから話が随分、それましたが、御覧戴き、有難うございます。
[PR]

by kazusanokami | 2007-10-06 08:23 | | Comments(2)