タグ:鳥 ( 2 ) タグの人気記事


2013年 06月 16日

『上総の昼餉散歩/橋の下で雨宿り』

少々、旧聞に属するが、6月10日(月)の「上総の昼餉散歩」を綴っておこう。

早朝散歩に出掛けた。
屋敷そばの公園の紫陽花を眺めていたところ、何と、赤い紫陽花があるではないか。
ここ暫らく、梅雨の中休み。
カメラに収めるなら、霧吹きで吹いてやり、「ハイドレンジア」の名に相応しい、瑞々しい姿で、などと思いつつ屋敷に戻った。

昼餉前、《獅熊くん》を連れて、手賀川のオオヨシキリ・スポットに出掛けた。
朝からずっと曇り空。
雨の予報はなかった。

ギョシギョシとオオヨシキリの声が大きく聞こえるところで暫し待つ。
オオヨシキリが葦の茎を上って来る。
ベスト・ポジションになかなか来てくれない。
シャッターを切っているだけでも楽しいので、今日はそれで我慢しようと、どんどん、シャッターを切る。
a0104495_7263096.jpg
a0104495_7281042.jpg
a0104495_730046.jpg
a0104495_7302741.jpg
暫らくすると、空に黒雲が広がって来た。
冷たい風も吹いて来る。
こりゃー、一雨くるな、と思い、カメラをバッグに仕舞い、出発。
途中、降り出せば、手賀沼東端のフィッシング・センターの東屋で雨宿りだ、と覚悟を決めて。
走り出して暫らくすると、パラパラと降り出した。
カメラを持っていなければ、雨に濡れてもどうっていうことはないが、この日は濡れる訳には行かない。
手賀川には、幾つかの橋が架かっている。
そのうちのひとつ、水道橋に差し掛かった。
橋の袂の土手の草叢を掻き分けて、橋の下へ。
濡れずに済んだ。
a0104495_7344833.jpg
雨が止むのを待ちながら、盟友 松柏木さんとケータイ会話。
雨が止むのを待ちながら、スマホで天気予報を検索。
「曇り、降水確率12-18時 20%」。
天気予報は当たっていないよう。
雨が止むのを待ちながら、シンメトリーを撮って遊ぶ。
a0104495_7385781.jpg
足元を見ると、アリが群れている。
橋の下に彼らの巣があるのだろうか、それとも、おいらと同じく、雨宿りだろうかと思いながら、アリと遊ぶ。
a0104495_7423928.jpg
小降りになった。
もう少しすれば止むだろうと思った瞬間、ザーッと大粒の雨が。
コンクリート床の水溜りに雨が跳ねる。
a0104495_754364.jpg
こりゃー、長期戦かも、と思うと空腹を感じる。
冷たい風が吹いている。
いつもは、mont-bell 製の唐辛子色の薄手のウィンド・ブレーカーを携行しているのだが、この日は持ちおらず。
空を眺める。
東の空、南の空、西の空はそれなりに明るいのだが、上空は真っ暗。
やっぱり、上空の黒雲がワルさをしているのだ。
a0104495_7553896.jpg
舌切り雀のおじいさんが担いでいる葛篭箱のような、Lowepro 製カメラバッグのレイン・カバーを探す。
確か、あったはずなのだが、見つからない。
a0104495_759229.jpg
橋の端っこに設けられた樋から雨水がジャージャーと流れる。
a0104495_825750.jpg
待つこと、おおよそ1時間半。
漸く、雨が上がった。
a0104495_844723.jpg
雨が降り出して、一旦小康状態になったときには、鳥の声もスズメの姿もななく、そのあと、大降りの雨となった。
しかし、今度は、鳥の声が聞こえ、スズメの飛ぶ姿も見える。
ということは、暫らくは降らないと鳥たちが教えてくれているんだと思い、出発することにした。
葛篭箱、いや、カメラ・バッグを担ぎ、jitensha を押して土手を上る。
万一の場合の雨宿りの場所を、手賀沼東端のフィッシング・センター、手賀沼北岸CR中ほどの東屋と想定しながら走る。
その後は降られることなく、無事、屋敷近くに到着。
霧吹きは不要となった、真っ赤な紫陽花を眺める。
a0104495_8155127.jpg
ヨドバシカメラ上野店に電話で Lowepro製カメラバッグのレインカバーについて尋ねる。
尋ねながら、電脳網で Lowepro のHPを眺める。
「ロープロ プロランナー450AW」を見たところ、レインカバーを被せた写真が掲載されている。
カメラバッグを、今一度、見てみた。
あった!隠れるようにして格納されていた。
「もし、もし。発見できました。有難う」。
この日は、昼餉も持たず、ウィンド・ブレーカーも持たず、防水袋も持たず、雨具の確認もせずで、もし、これが山だったら遭難やと反省させられた雨であった。
一方、この日の雨は、紫陽花にとっては慈雨であった。

フォト:2013年6月10日
[PR]

by kazusanokami | 2013-06-16 11:06 | 上総の昼餉散歩 | Comments(2)
2013年 03月 07日

『上総の昼餉散歩/ウメッシュ!』

昨年5月から隠居の身となった。
以来、隠居の身として、初めて、夏を過ごし、秋を過ごし、冬を過ごした。
隠居の身としての、初めての春はこれからだ。
梅の花が咲き始めている。
屋敷の周りを散歩していると、おっ、こんなところに梅の木があったのかと気付く。
現役の頃は、屋敷の周りを何も見ていなかったということでもある。
梅の花を愛でる。
花を愛でながら、野鳥を探す。
いる、いる、メジロが旨そうに梅の花蜜を吸っている。
a0104495_030213.jpg
a0104495_0303816.jpg
a0104495_0313296.jpg
ウメッシュ!と言ってる風に見える。
メジロは梅の花蜜が大好物なのである。

フォト:2013年3月6日
[PR]

by kazusanokami | 2013-03-07 23:58 | 上総の昼餉散歩 | Comments(2)