『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 23日

『地震お見舞い』 ds-6

3月18日(金)、「偶然の疎開先」から立ち戻るkazusayomeを東京駅へ迎えに行った。
迎えに行った理由は、第5話で綴った通りである。
新幹線改札口で「上り、12:33着のひかり10号は何番線に到着でしょうか」と尋ねる。
「17番線です」との答え。
17番線に向かう。

子供連れの姿が目立つ。
翌日から三連休だからだろうか、春休みだからだろうか。
関西に住まいする友人のD氏からは長女家族が疎開して来るとの報が、N氏からは孫二人が疎開して来るとの報もあった。
三連休だからでもなく、春休みだからでもなく、疎開のように思えた。
a0104495_7334097.jpg
a0104495_7341579.jpg
a0104495_7344081.jpg
ホームに上がる。
17番線には、12:30発、下り、のぞみ35号博多行きに乗車する人たちが並んでいた。
指定席の行列は、子供連れも含め、10人足らずと僅かである。
a0104495_7345696.jpg
a0104495_7351346.jpg
自由席近くなると、大勢、列をなしている光景となる。
a0104495_7471887.jpg
指定席の行列は僅かながら、自由席は随分な行列である。
子供連れなら指定席を求めるところであろう。
指定席の行列は僅かな人数ながら、品川、新横浜、それ以西の予約者も含め、満席であり、予約が取れず、止む無く、自由席に並んでいるのであろう。
子供連れで座れないとなると、なかなか辛いものがある。
a0104495_7473671.jpg
このおチビちゃん家族は列の順番からして、多分、座れるだろうと思い、他人事ながら変に安心したりして...。
a0104495_7481215.jpg
こちらの水色のお嬢ちゃんも大丈夫であろう。
a0104495_7482914.jpg
a0104495_7484592.jpg
下り、のぞみ35号博多行きは定刻通りに出発。
その後、上り、のぞみ10号も定刻通りに到着。
kasusayomeが降りて来る。
疎開先からの長の道中、途中、何事もなく、ほっとする。
「本当に疎開する人」、「偶然の疎開から戻った人」、これらを眺めながら、その思いはなかなか複雑なものがあるが...。

疎開先では、桃の花が満開。
メジロが数羽、桃の花と戯れていたと。
a0104495_234151.jpg
ミツマタの蕾もほころぶ。
a0104495_2345388.jpg
車窓からの富士の眺め。
a0104495_236597.jpg
桃、ミツマタ、富士の写真だけ眺めていると、何事もなかったかの如く、平和そのものなのだが...。

フォト:2011年3月18日

(完)
[PR]

by kazusanokami | 2011-03-23 23:28 | deep sympathy


<< 『地震お見舞い/獅子奮迅』 ds-7      『地震お見舞い』 ds-5 >>