『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 16日

『たけとりものがたり』

紅龍山東海寺、通称、布施弁天は、小高い岡の上に鎮座している。
その脇道を jitenshaで走っていたところ、岡の法面の竹林に生えている、一本の竹に目を惹かれた。
a0104495_057189.jpg
カメラを構えていたところ、二人連れの老婦人が通り掛かった。
カメラの邪魔になってはいかんと思われたのであろう、立ち止まられた。
「どうぞ、先にお進みください」。
「何を撮られているのですか」。
「剥がれかけた竹の皮が面白いので、こいつを何とか料理できないものかと」。
「プロのカメラマンさんでいらっしゃいますか」。
一ヶ月前なら、「いえ、いえ、写真好きの、一介のサラリーマンです」と応えるところながら、5月からは隠居の身、応えは「いえ、いえ、写真が好きなだけです」であった。
「あの、皮が剥がれかかった竹は今年のものでしょうか」。
「今年、生えた若竹ですね。上の方はまだ皮がついたままになっていますから」。
二人連れの老婦人は去っていった。

そうこう会話をしている最中、横手の、垣根を挟んでの日本庭園の中で「あっちへ飛んだぞ」との男性の声が。
若竹をカメラに収めたあと、この男性Birderさんと垣根越しに会話。
「何を追いかけておられますか」。
「フクロウです」。
「この辺りはフクロウが多いんですか」。
「いや、多くはありません。時々、見るくらいです」。
「今、朝の10時。フクロウは明るいときでも飛ぶんですか」。
「さっき、あっちの木にいたんですが、カラスが悪さをしたようで、逃げたんですよ」。
このBirderさん、岡の法面のクスノキの枝の方をしきりと見ているので、小生も目を凝らして見るも見えず。
「双眼鏡、持っていますが、使われますか」。
「ええ、ええ、貸してください」。
Birderさん、小生の双眼鏡でクスノキの枝を眺めながら、「いませんね。布施弁天の社の向こうの方へ飛んで行ったかもしれませんね」と。
そうこうしているうちに、もう一人のBirderさんが現れた。
「どこかへ行ってしまいましたね」と最初のBirderさん。
「そうですか。さっき、撮ったの、見ます?」と、もう一人のBirderさん。
見せてください、の声を聞く間もなく、液晶ビューで写真を繰り始め、「これ、これ、これです」と拡大までして、ご披露。
「フクロウの目、かわいいですね。こっちを見ているようですね」。
「警戒して、こっちを見ているのかもしれませんね」。
この辺りは、しばしば、ポタリングする場所だが、フクロウがいるとは知らなかった。
また、愉しみが増えた。

話題が竹からフクロウになってしまった。
このブログの標題は「たけとりものがたり」。
竹が縁でフクロウを知ったという「竹撮り物語」である。
若竹はこんな風に料理してみた。
a0104495_0573390.jpg


フォト:2012年5月16日
[PR]

by kazusanokami | 2012-05-16 23:58 | エッセイ


<< 『ザ・タワー ~都市と塔のもの...      『P & Pの風景』 >>