人気ブログランキング |

『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2014年 04月 09日

『春の、利根川CR&小江戸佐原散策ポタ/香取神宮』 swr-6

伊能家菩提寺、観福寺から香取神宮へと向う。
県道55号線を東へ走る。
右手に県立佐原高校を眺めながらしばらく走り、石造りの大鳥居を抜ける。
県道55号線が表参道で、石造りの大鳥居は第一の鳥居である。
更に、走る。
「歓迎」の看板が見えて来る。
香取神宮に到着だ。
a0104495_9533914.jpg
両側に土産物屋が並ぶ参道を進むと、朱色の大鳥居(第二の鳥居)が見えて来る。
a0104495_9561825.jpg
「何処に愛馬を止めましょうか」。
「総門のところから反対側に出て津宮に行くので、総門のところまで押して行きましょう」。
朱色の、第二の鳥居をくぐり、参道を<押し>で進む。
第三の鳥居と総門。
a0104495_1013227.jpg
鳥居脇に愛馬を止める。
鳥居脇の狛犬をカメラに収める。
久しぶりの、狛犬コレクションだ。
阿形の狛犬。
a0104495_1044288.jpg
吽形の狛犬。
a0104495_1045674.jpg
総門に向う石段を上りかけたところ、「平成二十六年四月 香取神宮午歳式年大祭」と大書された立て札が目に入った。
a0104495_1011533.jpg
「式年大祭とは何ぞや?」と思いながら石段を上ると総門の柱に「平成二十六年 香取神宮式年神幸祭 御奉賛のお願い」なる看板が立て掛けられていた。
a0104495_10162587.jpg
-----------------
香取神宮の式年神幸祭は、香取、鹿島の大神が邪神討伐、威武剣徳の古例による事といわれ、その規模は雄大にして行事は壮観なること比類無しと伝わる神事です。
古い祭礼図によれば、約八百年余り昔、土御門天皇の建仁年間にはこの祭礼が行われていたと伝えられております。
平成二十六年四月十四日は、勅使参向のもと、例祭が斎行され、翌十五日、十六日の二日間に亘り、式年神幸祭が斎行されます。
この大神幸には、香取神宮氏子約四千名がそれぞれの町内に伝わる陣羽織、甲冑などの装束に身を固め、お供します。
十五日、午前八時三十分に本宮を発輿され、正午過ぎに御神輿は津宮鳥居河岸より、御座船に御乗船になり、多くの供奉船を従えて利根川を遡り、途中、鹿嶋神宮の御迎祭を受けて、佐原に再上陸になります。
その後、小江戸佐原を御巡幸、佐原に御駐泊され、翌十六日、再び佐原を御巡幸の後に、本宮へ還御遊ばされ、二日間に亘る絢爛たる時代絵巻が繰り広げられます。
十二年に一度、牛年毎に斎行されますこの式年神幸祭は、香取の大神様の御神徳により、国家国民の安寧と繁栄をたれ賜る一大神事であり、併せて東日本大震災復興、国威の発揚を祈念するものであります。(以下略)
-----------------
なるほど!12年に一度の、午の年の式年行事なのである。
15日の正午過ぎに、こんな風景が見られるということである。
a0104495_10405533.jpg
2年前に佐原を訪れたときは、対岸から津宮の大鳥居を眺めた。
4月15日に御座船が多くの供奉船を従える風景を見に来るときには、超望遠レンズを携えて、対岸から眺めるというのがよいかもしれないななどと、既に心は津宮での御座船乗船の儀に。

総門、楼門をくぐり、拝殿へと進む。
参拝。
a0104495_1052686.jpg
「香取神宮はなかなか立派な神社ですなあ」、「ええとこでしょう。黒塗りの社が気に入ってます。昔、日の出汽船が香取丸とか鹿島丸という船名を付けていたこともあって、より馴染み深く感じる神社です」。

楼門の、木造の狛犬をカメラに収める。
阿形の狛犬。
a0104495_1105017.jpg
吽形の狛犬。
a0104495_111538.jpg
今一度、総門下に掲げれられていた「式年大祭 神幸祭祭儀日程」を見る。
a0104495_1161062.jpg
「式年神幸祭に来るなら、やはり、15日の昼の、津宮河岸での御座船乗船だね」と南国さんと小生の意見、一致。

津宮の大鳥居へと向う。

フォト:2014年3月29日

(つづく)

by kazusanokami | 2014-04-09 17:56 | 坂東太郎下流の旅


<< 『春の、利根川CR&小江戸佐原...      『春の、利根川CR&小江戸佐原... >>