『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 17日

『トルコの旅/古代都市エフェソス/その8』 t-6-8

ハドリアヌス神殿。
ハドリアヌス帝に捧げられた神殿。
a0104495_15141220.jpg
a0104495_15145267.jpg
a0104495_1516286.jpg
a0104495_15165381.jpg


<メモ>
ハドリアヌス(76年~138年)はトラヤヌス帝に続く第14代ローマ皇帝。
在位は117年から138年の約20年間。
五賢帝の三人目。

トラヤヌス帝は領土拡大路線によりメソポタミアまでを属州とし、隣国パルティアとの国境紛争が絶えなかった。一方、ハドリアヌス帝は、防衛面を優先し、領土縮小路線へ転換。
トラヤヌス帝、ハドリアヌス帝は、紀元前27年、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの時代から紀元後180年まで続いた”パクス・ロマーナ(ローマ帝国内の平和)”の一角をなした。

395年、東西に分裂。
476年、西ローマ帝国滅亡。
1453年、東ローマ帝国滅亡。

フォト:2008年8月8日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2008-08-17 13:38 | トルコの旅


<< 『トルコの旅/古代都市エフェソ...      『トルコの旅/古代都市エフェソ... >>