『上総守が行く!』

kazusanokm.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかりの地を訪ねて/常陸国上平柳村編』 im-12

a0104495_11265779.jpg
専称寺から間宮林蔵生家/記念館に至る。
a0104495_10492050.jpg

間宮林蔵記念館前の立像。
a0104495_10494243.jpg
a0104495_104953100.jpg
a0104495_1050197.jpg
a0104495_10501128.jpg
a0104495_1050234.jpg
「林蔵の身長は157cmくらいだったといわれています」(記念館で頂戴した、児童用「間宮林蔵物語」より)。
両手に握っている鎖は、測量用の道具であることは分かるものの、さて、何に使われたものか...。
記念館内の展示で勉強しました。
「測量用鎖/水深を測るときに使用した鎖で、約60cm毎に目印が付けられている」。

立像の台座に刻まれた「能書き」。
上総も、ちょいと、登場して...。
a0104495_1191394.jpg
植え込みに隠れた文字をアップで。
「...幼少より才気煥発...」の言葉は、小生が抱いていた疑問に対する答えのヒントになっています。
詳しくは、後述、第13話で...。
a0104495_1192786.jpg


フォト:2009年9月22日

(つづく)
[PR]

by kazusanokami | 2009-10-09 06:29 | 伊能忠敬、間宮林蔵ポタリング


<< 『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかり...      『伊能忠敬、間宮林蔵師弟ゆかり... >>